下層ページの見本

リリース

「熱環境改善」リニューアル用シミュレーションソフトを開発―既存建物の熱感橋診断と熱対策効果を予測―

今回住友建設が開発したリニューアル用シミュレーションソフトは、主に室内温度測定を連続して行ない、得られた結果を外気温や地域気象データ、建物の断熱特性他と共に入力すると、

建物内部の任意点の温度や湿度変動の予測
断熱改修等を行なった場合の改善効果や、期間または年間エネルギー消費量の予測
等をアウトプットします。

このシミュレーションソフトをツールとして使い、既存の熱対策技術(空調機や換気扇の増設、屋根塗装の塗り替え、断熱改善等)や住友建設で開発した環境負荷の少ない熱対策技術(屋根散水、置換空調、地下水利用空調システム等)を作業空間の目的や予算に応じて選定・組合わせを行い、最終対策方法を決定します。

 実施結果によれば、シミュレーションと対策結果(実状)が良く合致していることが判明しています。また、このシステムは国内842点の標準気象データと連動しており、日本中どの地域にも対応できます。

 

<お問い合わせ先>

三井住友建設広報室【お問い合わせフォーム】

リリースに記載している情報は発表時のものです。

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台