下層ページの見本

リリース

高さ100mの工場煙突内部を急速施工でリニューアル~僅か7日間で耐火モルタルの吹付け完了~

煙突内部の機械化施工を実現
・遠心力吹付け機による急速施工
・等品質・等厚施工
・遠隔操作による安全施工
・材料飛散、粉じん発生が少ない良好な作業環境

三井建設株式会社(東京都中央区蛎殻町1-36-5 社長 清 昇)は、「遠心力吹付け機を用いた煙突内部の機械化工法」を開発し、大規模工場内にある高さ100mの煙突内部のリニューアル工事に初適用し、わずか7日間(従来工法なら2~3週間以上)と今までに例がない急速施工を実現しました。今後は、本工法を各種の工場設備の煙突あるいは煙道のリニューアル工事に積極的に活用し、営業展開を図っていきます。

当工法の概要
当工法は、煙突内部を耐火モルタルでライニングし、リニューアルを行います。
使用するモルタルは、あらかじめ加水練りしたものを煙突底部で吹付機に装填するため、品質の安定したものを使用することができます。
吹付機は、三井建設が深礎基礎等の土留めコンクリートライニング用に開発した「遠心力吹付け工法」に使用している機械を改良したものです。インペラ-(吹付機のモルタル吹付け口部分)の回転によりモルタルに遠心力を与えて接線方向に飛び出させて吹付けを行います。インペラ-の中心付近に材料を供給することによりインペラ-全周から均等に標準6m3/hの材料が飛びだし、吹付機を一定の速度で上下することにより、高能率で均一厚さの吹き付けができます。また、他の吹付け工法とは異なり、圧縮空気を使用していないため、吹付け時の材料のはね返りや粉じんの発生が極めて少ない、良好な作業環境での吹付けが行えます。
吹付け作業は、煙突頂部よりワイヤを介しウインチで吊られた吹付け機を、その上部に位置する別のゴンドラ上にいる作業員が遠隔操作で行うめ、狭隘な煙突内部でも安全に行うことができます。

従来工法
鉄筋コンクリート製煙突は、内外部ともに厳しい環境条件におかれています。特に内部は、高温度のSOxなどが直接触れるための硫酸腐食、熱応力等による損傷を受け、経年劣化が進行し易い環境にあります。そのため、耐火煉瓦の表層が剥離し大気中に粉じんを飛散させ環境悪化をもたらしたり、鉄筋コンクリートの損傷が急激に進行し、構造上の安全性を損うことになります。このため長期間使用した煙突は、設備の運転休止時に煙突内部のリニューアルをはかる必要があります。
従来のリニューアルは、耐火煉瓦の張替、耐火モルタルのこて塗り、人力でノズルを操作するエアーガン(吹付け機)による耐火モルタル吹付けなど、人力作業主体の方法が一般的に行われています。耐火煉瓦の張替や耐火モルタルのこて塗りは、狭隘な煙突内部の手作業となるため、施工効率が悪いとともに、作業時の安全性に問題があります。また、エアーガンによる方法は、前記工法に比べ工期は短くなるものの圧縮空気を使用して吹付けを行うため、材料のはね返りロスや粉じん発生量が多く、劣悪な環境での作業になるとともに、人力でノズルを操作するため、作業員の熟練度により仕上がり厚さが異なるなど、均一な施工は困難です。
当工法は、このような従来工法の問題点を大幅に改善するものです。

実施工結果
実施工は、高さ100m、底部内径6m、頂部内径3mの煙突で行いました。表面に付着している硫酸ダストなどを清掃したあとに、既存耐火煉瓦表面を本工法により厚さ3cmの均等厚の耐酸性耐火モルタルで被覆しました。
施工速度は一日当たり10mから15mで、被覆は7日間で終了しました。また、作業環境も、極めて良好な状態でした。
品質面でも、遠心力吹付けのため、均等な吹付け厚さを実現した他、耐火モルタルの跳ね返りロスの量(リバウンド量)も従来に比べて、2/3から1/2と大きく低減されました。

今後の展開
今回開発した工法により、今までに例がない急速施工を実現できることが証明されたため、今後は、各種の工場設備の煙突あるいは煙道の工事に、リニューアル工事を含めて積極的に活用していきたいと考えています。





煙突のリニューアル概念図

 

<お問い合わせ先>

三井住友建設広報室【お問い合わせフォーム】

リリースに記載している情報は発表時のものです。

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台