下層ページの見本

リリース

部分プレキャストアラミドシート補強工法を高架道路のラーメン橋脚横梁補修工事に初適用

部分プレキャストアラミドシート補強工法を高架道路のラーメン橋脚横梁補修工事に初適用

三井住友建設株式会社(本社:東京都新宿区 社長:友保 宏)は、名古屋高速道路公社発注の橋脚補修工事において、当社が開発した「部分プレキャストアラミドシート補強工法」(以下新工法という)をラーメン橋脚横梁へ初めて適用しました。この補修工事の目的は、劣化したコンクリート橋脚の断面修復と剥落防止を主体としたものですが、一部のラーメン橋脚横梁では、コンクリートの劣化に対応すべく、せん断補強(※)を実施しました。横梁上面に支承(ししょう:橋桁を受ける装置)があり、従来の補強方法では所定の効果を発揮することが困難なため、本工法が初めて採用されたものです。

【本工法の概要】

鋼板や連続繊維シートを用いる従来の補強工法では、横梁上面に支承等がある場合、横梁全周を補強材で覆うことができず、障害物が存在しない側面や底面だけに補強材をU字形に配置または貼付けるため、十分なせん断補強効果を得ることができません。施工の対象となった橋脚は、名古屋高速道路3号大高線の笠寺出口ランプにあるパイ形ラーメン橋脚で、中間横梁の上に鋼桁用の支承があり施工の障害となっていました。

今回採用された新工法は、横梁の底面と側面に樹脂で貼り付けたアラミドシートの上に、部分的に樹脂で硬化させた「部分プレキャストアラミド繊維シート」(以下アラミドパネルという)を横梁上の支承部を避けてバンド状に貼り付け、せん断補強効果を増大させるものです。

実験の結果、バンドの幅や配置間隔などが一定の基準を満たせば、所定の補強効果が得られることを確認しています。また、この工法では、横梁などの底面及び側面のコンクリートをアラミド繊維シートで覆うため、コンクリート片の剥落防止も兼ねています。

一方、新工法で使用するアラミド繊維シートやアラミドパネルは軽量で、手で持ち運びができます。このため、横梁周囲に人が作業できる簡単な足場を設けるだけで施工が可能です。また、アラミド繊維シートを横梁の底面及び側面に貼り付ける作業は、耐震補強などで行われているものと変わらず、特に難しい技能を必要としません。

今回の施工により、工期・工費の縮減が可能になるとともに安全性の高い工法であることが確認されました。


【本工法の特徴】

(1)優れたせん断補強効果
・ U字型補強とアラミドパネルを併用すると、最大2倍程度のせん断補強効果が得られます。
・ 実証実験に裏付けされた設計方法により、現地の支承や添加物の状況に応じて、アラミドパネルの配置、幅および厚さを決定し、設計上必要なせん断耐力の確保を図ります。

(2)優れた施工性
・ アラミドパネルは、予め樹脂を含浸・硬化させてあるため、横梁上面での樹脂含浸および脱泡作業が不要です。
・ アラミドパネルは適度な剛性を持ちながら軽量であるため、支承や付帯物の間のわずかな隙間に人力で挿入・配置できます。
・ 横梁上面とアラミドパネルの接着は、プレキャスト部分の底面に高粘性の接着剤(エポキシ樹脂パテ材など)を塗布するだけで行えます。
・ 樹脂が未含浸の部分は、現地で樹脂を含浸・硬化させ、例えば横梁底面で重ねてつなぐことで、閉鎖環状の補強材を構成します。

(3)優れた経済性
・アラミド繊維シートを用いた「U字型補強」のみと同等のせん断補強を得るための費用は1/2程度で、極めて経済性に優れています。

(4)確実なコンクリート片剥落防止が可能
・ 「U字型補強」のみに比べ、底面及び側面に貼り付けたアラミド繊維シートの上にバンド状にアラミドパネルを巻き付けるため、繊維シートが剥がれることがなく、老朽化によるコンクリート片の剥落を確実に防止できます。


【今後の展開】

新工法を含む『トータル補強技術』で、多方面にタイムリーな営業展開を図る予定です。なお、U字型補強に用いるアラミド繊維シートおよびアラミドパネルは、ファイベックス株式会社(東京都中央区日本橋室町4-4-3 社長 田村 富雄)社製を使用しています。


【用語の説明】

部分プレキャストアラミド繊維シート(アラミドパネル):

横梁上面に設置する部分に予め樹脂を含浸・硬化させ、それ以外の部分を樹脂未含浸としたアラミド繊維シート。なお、アラミド繊維シートはしなやかで、曲げやすい高引張強度の連続繊維シートであり、既に耐震・耐衝撃補強材として橋脚や落石覆工など多くの実構造物に適用されています。 アラミドパネルを用いた高架道路のラーメン橋脚横梁補強 笠寺出口ランプ
(斜路を支える横梁をアラミドパネルで補強) 横梁側面にアラミドシート貼付け 横梁上面の状況:上面には鋼製桁を支える支承が
あり、底面や側面のように開放された平面ではない 横梁上面にアラミドパネルを貼り付けた状況:  
支承部を避け、アラミドパネルを貼付けた様子

横梁側面にエポキシ樹脂下塗り 完成状況: 3本の鋼製桁を受けている横梁をアラミ
ドパネルで補強

 

<お問い合わせ先>

三井住友建設広報室【お問い合わせフォーム】

リリースに記載している情報は発表時のものです。

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台