下層ページの見本

リリース

第2回市民公開講座を開催 - 減災をめざして -

4月16日(土、13:30~16:00)に三井住友建設株式会社(東京都中央区佃二丁目1番6号 社長 新井 英雄)の主催した「第2回市民公開講座」が東京中央区の当社2階会議室にて開催され、40名を超える沢山の方にご参加いただき盛況に終了しました。

この市民講座は、昨年3月の第1回市民公開講座に続いての開催となり、地元の方との交流や地域活動に貢献したいとの想いから企画されたものです。

今回は「減災をめざして」をテーマに、2名の講師の先生をお招きし、災害発生時に予想される様々な問題に対する取り組みなどについて理解を深めました。

 

160419_01

 

講演1は『地域防災とエネルギー』について東京海洋大学大学院教授の 刑部 真弘 氏 が、緊急時・災害時に船舶や電気自動車から電源供給を行う新システムや、大学で省エネに取り組む電力見える化プロジェクトなどについて説明されました。

講演2は『防災ブック「東京防災」を活用した防火防災対策』について東京消防庁臨港消防署 消防司令 の 吉田 敏男 氏 が、防災ブックの読み方や、クイズ形式の映像を用いた家具転対策(家具類の転倒・落下・移動防止対策)について説明されました。

講演3は『減災をめざして』について当社事業開発推進本部長 の 能森 雅己 が地震のメカニズムや建物への影響などの説明と、災害発生時の対応について説明しました。

 

講演者と参加者との意見交換の様子

講演者と参加者との意見交換の様子

 

講演後の意見交換では、講演内容に対する質問に加え、中央区の広域避難場所に指定されている佃地区での減災への取り組みや、地域で目指す「減災」ブランドについて活発な意見交換を行いました。

今後もこの市民公開講座を定期的に開催し、地元の皆様と当社をつないでいきたいと考えております。

 

<お問い合わせ先>

三井住友建設広報室【お問い合わせフォーム】

リリースに記載している情報は発表時のものです。

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台