下層ページの見本

リリース

SLAM技術を利用した設備スリーブ管理システムを開発 - 取り付け精度確認作業における大幅な省力化の実現に目途 -

 三井住友建設株式会社(東京都中央区佃二丁目1番6号 社長 新井 英雄)は、建物のコンクリート躯体(壁や梁など)に設ける設備配管用の貫通孔(設備スリーブ)の取り付け位置確認作業において、自己位置の推定と周辺のマッピングを同時に行うSLAM技術(※1)を利用した管理システム(※2)を九州大学と共同で開発し、室内実験において従来の人による計測に対する大幅な作業時間の短縮化と、同等の精度を確認しました。
 (※1)SLAM = Simultaneous Localization and Mapping
 (※2)特許出願中

■  開発の経緯とシステムの概要
 設備スリーブは水・ガス・空気・電気などの用途別に設けるため、建物全体では相当な数になります。また、取り付け位置の精度は躯体工事後に行う設備工事に影響するため、コンクリート打設前に関係者立会いのもと、人手と時間をかけて全数検査を行っています。
 今回開発した管理システムは、SLAM技術を利用し迅速に設備スリーブの取り付け位置を確認するものです。取り付けた設備スリーブ端部に新設計のマーカーを貼付し、コンピューターとカメラを組み合わせた装置を用いて動画を撮る要領で全体を撮影・測定します。リアルタイムにマーカーセンターの座標を得ることができ、さらにあらかじめコンピューターに入力した設計上の取り付け位置との誤差が瞬時に確認できるため、大幅な省力化が実現できます。

設備スリーブの取り付け状況

設備スリーブの取り付け状況

設備スリーブの取り付け位置確認検査

設備スリーブの取り付け位置確認検査

SLAM技術を用いた室内実験の様子

SLAM技術を用いた室内実験の様子

■  室内実験での成果
 室内における実験では、地中梁の設備スリーブ取り付け位置検査を想定し、測定対象の端部(地中梁の両端)に設置した座標が既知の基準マーカーとスリーブ端部のマーカーを撮影・測定しました。従来の計測手法では1時間以上要していた作業が、本システムでは撮影・測定から結果が得られるまで1~2分程度で済み、かつ従来と同等の精度であることを確認しました。

■ 今後の展開
 今後、実現場で実証実験を行い、実用化に向けた開発を進めてまいります。
 本システムは設備スリーブを対象として開発を行っていますが、橋梁の外ケーブル取り付け位置管理など、土木、建築の分野を超えて様々な部材の取り付け精度管理にも適用可能です。
 また、当社は本システムを含めたICTの活用を積極的に行い、更なる高品質化と高効率化を目指して取り組んでまいります。


<お問い合わせ先>

本件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

三井住友建設株式会社
〒104-0051 東京都中央区佃二丁目1番6号
広報室 平田 豊彦
TEL:03-4582-3015 FAX:03-4582-3204

お問い合わせフォーム

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋

タイ王国初のエクストラドーズド橋
橋 長:460m、最大支間:200m
PC工学会賞(2015)

3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋

世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋 
橋 長:3,089m、最大支間53.0m
PC工学会賞(2015)

W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋

国内最大規模の連続ラーメン橋
橋長740m、最大支間124m
PC工学会賞(2015)

e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所

発電出力:1,000kW
太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW
パワーコンディショナー:500kW×2台