下層ページの見本

リリース

ラックフェン国際港建設事業(道路・橋梁)が開通 ─ハイフォン市・ハロン市から首都ハノイ市までのベトナム北部経済に貢献─

三井住友建設株式会社(東京都中央区佃二丁目1番6号 社長 新井 英雄)は、ベトナム社会主義共和国が取り組むラックフェン国際港建設プロジェクトのうち、総延長約15.6kmのアクセス道路・橋梁の建設工事を、ベトナムの建設会社2社との共同企業体で完成し、ベトナム独立記念日の9月2日に開通式が開催されました。

式典には、グェン・スァン・フック首相、チュオン・クアン・ギア運輸大臣を始めとするベトナム政府要人、在ベトナム大使館の梅田邦夫特命全権大使、当社則久芳行会長、ハイフォン行政当局要人など、多くの関係者が出席し、盛大に式典が挙行されました。

 

出席者によるテープカット

出席者によるテープカット

 

■ ラックフェン国際港建設事業(道路・橋梁)の特徴

本事業は、本邦技術活用案件(STEP)を適用し日本の優れた技術が活用されています。橋梁工事工期短縮のための「プレキャストセグメント工法」、将来の海岸部分埋め立て計画による地盤沈下への対応を考慮した「ネガティブフリクション対策鋼管杭」、当社が施工しましたニャッタン橋に続きベトナムで2例目となる「鋼管矢板基礎」等、当社の施工ノウハウを十分に活用し、完成いたしました。

 

完成したラックフェン国際港建設事業(海上橋部分)

完成したラックフェン国際港建設事業(海上橋部分)

 

■ 工事概要

工事名称 ラックフェン国際港建設事業(道路・橋梁)
発注者 ベトナム国運輸省 第2事業管理局
設 計 オリエンタルコンサルタンツグローバル/パデコ/日本工営/日本構造橋梁研究所 共同企業体(JV)
施 工 三井住友建設/チュオンソン社/シエンコフォー社 共同企業体(JV)
請負金額 約360億円(JV総額) 当社約245億円
工 期 39ヶ月(2014年5月15日~2017年8月30日)
工事概要

既設の航路を横断する主橋と、その東西に延びる取付橋と道路
 主 橋 - PC4径間連続ラーメン箱桁橋 橋長490m、幅員16m、4車線
 取付橋 - PC連続箱桁橋 橋長4,434m(西側)・519m(東側)、幅員16m、4車線
 道 路 - 土工延長4,501m(西側)・5,686m(東側)、幅員29.5m、4車線
 その他 - インターチェンジ2箇所、舗装工、地盤改良工、函渠工、交通安全設備

 

<お問い合わせ先>

本件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

〒104-0051 東京都中央区佃二丁目1番6号
三井住友建設株式会社  広報室 平田 豊彦
TEL:03-4582-3015 FAX:03-4582-3204

お問い合わせフォーム

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台