パークホームズ大倉山

─ 緑豊かな街との調和と低炭素な暮らしの実現 ─

e-1-1-01
e-1-1-02

中庭写真(野鳥が水浴びできる水盤を設置)

建物配置図

建物配置図

発注者 三井不動産レジデンシャル
建物データ 所在地 神奈川県横浜市
竣工年 2012年
敷地面積 6,702㎡
延床面積 14,939㎡
構造 RC造一部S造
階数 地上7階

 

■「創エネ・省エネ・蓄エネ」によるエネルギーマネジメント

当計画地は、東急東横線の大倉山駅徒歩6分の立地にあり、多くの緑に囲まれた企業社宅の跡地です。環境への配慮をテーマに、周辺の大倉山公園や熊野神社市民の森に代表される緑豊かな街と調和するために、既存樹の桜を保存・活用しています。周辺に野鳥が多いことから鳥が水浴びできる水盤も中庭に設置しています。

また、「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」*1実証の一環として、マンション全体のエネルギーを管理するMEMS*2、住戸内の電気の利用状況を管理し、タブレット型端末で表示するHEMS*3を導入しています。これらのシステムは、他の実証実験エリアと連動して地域全体のエネルギー需要を統合的に運用・管理するCEMS*4と連携し、省エネ化とC02削減に貢献しています。

共用内には、太陽光システムを導入=創エネ、LED照明をはじめエネルギーを効率よく使用できる設備機器を採用=省エネ、余った電力は蓄電池に蓄えて夜間に使用=蓄エネ、そしてラウンジにモニターを設置し、これらのエネルギーを見える化とすることにより、マンション内エネルギーの最適化を目指しています。

 

 

「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」概念図

 

*1 「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」とは横浜市と民間企業が連携し、環境に配慮した都市の実現に向けた「スマートコミュニティ」の構築を目指すプロジェクト。経済産業省が公募した『平成23年度次世代エネルギー・社会システム実証事業』において選定された実証事業のひとつ。
*2  MEMS (Mansion Energy Management System)
*3  HEMS (Home Energy Management System)
*4  CEMS (Community Energy Management System)

 

 

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台