環境配慮型施工・環境技術 関連情報

周辺の環境に配慮した施工、環境負荷を低減する施工方法の採用、環境技術の開発の促進などにより、持続可能な社会の構築を目指します。

環境課題のテーマ別に、当社の環境配慮型施工・環境技術の事例を紹介いたします。

地球温暖化防止

2016/06/23 超低収縮・低環境負荷型・設計基準強度200N/mm2コンクリートを実物件に適用
─ プレキャストコンクリート柱を超高層タワーマンション2棟に適用 ─
2016/04/04 超低収縮・低環境負荷型・設計基準強度220N/mm2コンクリートを開発
─ 自己収縮ひずみを従来の20%~30%に低減 ─
2015/05/18 水上太陽光フロートシステムを開発 ─ 水上未利用地の有効活用に向けて─
2015/01/22 ~中大規模の木造建築市場の創出と拡大を目指し~ 共同取組に関する業務提携契約を締結
2014/12/08 自社開発太陽光発電所の運転を開始 ~出力1,000kWにPLCストリング監視システムを導入~
2014/11/17 屋根散水技術が危険物倉庫を効果的に冷却
─ 危険物取扱倉庫に屋根散水システムを適用し、室温を10℃以上下げる効果を実証 ─
2014/05/29 三井住友建設、初の自社開発太陽光発電所の建設に着手
─ 佐賀県吉野ヶ里町の自社工場内に1メガワット ─
2014/05/09 創エネと省エネを両立する建材
─ 体型太陽光発電システムを開発 ─ “アクティブとパッシブの融合”による新たなファサードデザインを自社施設に採用 ─
2013/04/23 太陽光発電ファサードデザインへの独自の取り組みを開始
─ “意匠性と創エネの調和” “新技術と創エネの調和” を目指して ─
2013/04/03 東京土木支店 茨城メガソーラー作業所(日本テクノ「いばらき太陽光発電所」)
─ EPC業務を三井住友建設が担当、2MWを4ヶ月で完成 ─

     【2013年度 社長賞(環境部門)表彰受賞】
2012/07/27 東京土木支店 大船立体作業所(東京平成21年度緊急地方道路(街路)整備工事)
─ 建設機械におけるCO2削減活動、等 ─
    【2012年度 社長賞(環境部門)表彰受賞】
    【神奈川県魅力ある建設事業推進協議会「建設ステーション元気アップコンテスト」受賞
2012/01/17 太陽光発電システムの施設園芸への利用実証試験を開始
─ 静岡県・太陽光発電農業促進実証モデル事業 ─
2011/12/20 流施設向け特殊架構小梁 “e-ストリングビーム”を実用化
─ 鉄骨使用量を抑制してCO2排出量を削減 ─
2011/04/19 “ソーラーLED街路灯”と“ポータブル・ソーラーLED照明灯”を開発
─ ソーラーLEDにより、近隣環境の負荷低減とCO2排出量削減に貢献 ─
2011/02/09 “仮囲いパネル一体型太陽光発電システム”を開発、現場への導入開始
─ 豊富なオプションで、地球環境配慮と近隣環境配慮を両立 ─
2010/07/22 周辺温熱環境エンジニアリングツール「Cooling Together」を開発
─ 温暖化対策の実効性を「数値化・見える化」 ─

 循環型社会の形成

2016-10/27 豊洲駐輪場作業所 ─ 建設汚泥の発生量の削減、木製型枠の使用量の削減 ─
【2015年度3R推進功労賞等表彰で、3R推進協議会会長賞を受賞】
2013/12/17 湖面1号橋上部工分割1号工事
─ 日建連より公害防止・建設副産物管理優良事業所として表彰される ─
     【2014年度 社長賞(環境部門)表彰受賞】
2012/01/24 ヤマザキパン中央研究所兼研修センター(仮称)計画工事
─ “気泡ソイルセメント柱列壁工法”を建築工事に本格適用、環境負荷を大幅に低減できる土留め壁工法 ─
2011/08/02 つくばエクスプレス線秋葉原駅出入口等増設他工事
─ “気泡ソイルセメント柱列壁工法”を都市部開削工事にはじめて適用 ─
2010/10/26 江東区白河4丁目プロジェクト新築工事
─ 分別の徹底による建設混合廃棄物の減量化 ─

     【2010年度 3R推進協議会会長賞受賞】
2010/10/26 第二京阪道路交野高架橋(PC上部工)部工事
─ ゼロエミッションを目指す高架橋工事での取り組み、総廃棄物量の低減と再資源化率の向上 ─
     2010年度 3R推進協議会会長賞受賞】
2010/10/06 気泡ソイルセメント柱列壁工法を“グリーン購入法適合工法”として営業展開
─ 気泡を利用してあらゆる地盤での建設汚泥を削減、遮水性も向上 ─

生物多様性への配慮

2016-02-17 生物多様性簡易評価ツール「いきものプラスⓇ」をバージョンアップ
─ 対象地域を大都市圏に拡大 ─
2015-02 集合住宅初、「第2回いきもの共生事業所Ⓡ」に認証
2014/02/26 生物多様性簡易評価ツール「いきものプラス」を同業8社で共同開発
─ 建築物の設計に関する生物多様性への取り組みを支援 ─
2013/10/18 ホタルの舞う里山保全に貢献、長岡京市より表彰うける
─ ホタルを育てるための専用水路を整備した西山トンネル工事、自然環境保全に貢献 ─

     【2014年度 社長賞(環境部門)表彰受賞】
2011/09/15 第二東名高速道路 的場高架橋他2橋(PC上部工)工事
─ ホタル成育のビオトープを整備し、生物多様性保全に貢献 ─

     【2012年度 社長賞(環境部門)表彰受賞

構造物の長寿命化

2015/07/29 現地における非鉄製実証橋の施工について
─ 超高耐久橋梁の開発に向けた挙動確認 ─
2015/07/09 丹下健三作品 山梨文化会館を免震レトロフィット
―メタボリズムの象徴建築・山梨文化会館を免震改修―
2015/03/24 アラミドFRPロッドによるRC橋脚の耐震補強工法を開発
-公開試験により補強効果を確認-
2013/09/11 鉄製橋梁の共同研究について
─ 長期的な維持管理の改善を目指した超高耐久橋梁「Dura-bridge」の開発 ─
高性能中間階免震改修「Hy-Retro(ハイレトロ)構法」
制震レトロフィット(制震改修)

 

放射能除染

2013/03/12 放射能汚染草木類の安定・減容化システムを開発、実証試験を実施
─ 除染除去物(草木類)の安定・減容化技術を確立 ─
2012/08/21 放射線量平面分布計測システムを開発し除染現場に適用
─ GPSを用いた情報化施工技術を除染工事に活用推進 ─
2012/01/11 独自の放射能汚染土除染システムの効果を実証
─ 洗浄と研磨により放射性セシウムを除去 ─

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台