橋ガール

見出し

#13 備前♥日生大橋

橋をつくり続ける会社の橋好き女子、その名も「橋ガール」! 「橋好き女子」が勝手に橋の魅力を紹介しちゃうプチプロジェクト。 『お橋見』のためなら日本全国、いや世界の果てまでいってきまーす!

「あーん、はじまっちゃう~」

パーン!スタート?!!
(いっせいに走り出す・・・)

<話は1ヶ月ほど前にさかのぼる・・・>

「いよいよ日生(ひなせ)大橋が完成しますね。あそこはカキがおいしいところなんですよね~」

「いーですね。わたし、カキだいすきですよ。」

「じゃ、行ってきてくれますか?」

「いーんですか。」

「ぜひぜひ。思いっきり走ってきてくださいね。」

「えっ、走る???」

「わたしは当日予定がありまして、どうしても行けませんのでヨロシクお願いします!」

今回のレポーター紹介

HG_HINASE_00

橋の概要

名称
備前♥日生大橋(びぜんひなせおおはし)
位置
岡山県備前市日生町
橋長
765.0m(86.8+170.0+155.0+2@135.0+80.8m)
形式
PC6径間連続エクストラドーズド
竣工年
2015年

HG_HINASE_ELV

HG_HINASE_SEC

MAP

というわけで、たまたまハカセと話していたカモちゃんは、日生大橋の開通記念で開催されるマラソン大会に、急遽「橋ガール」として出場することになってしまったのでした!橋長 765m を誇るこの橋は、往復してくるだけでも立派なマラソンコース!ハカセの代役を務めるまっすーと二人、3kmのペアマラソンに挑戦中です。

「はっ、はっ、、、」

「はぁ~、ひぃ~、はぁ~、ひぃ・・・」

「あれ???どうしたんですか、まっすーさん。」

「カモちゃん・・・はぁ、はぁ、夕べは飲みすぎちゃったよ~」

「ですよね~。あれはかなりでした。『エクストラドーズド橋』の一発ギャグとか、ありえない雰囲気で!」

HG_HINASE_02
まっすーの一発ギャグ(画:カモちゃん)

「うっ、よく覚えてないけど・・・てか、カモちゃんだって走る前にずいぶんあくびを連発してみたいだけど。」

「ギクッ!やっぱり飲みすぎましたよね~。地元のみなさん、楽しい方たちばかりで・・・」

「とにかくなんとかこの坂をのぼりきらねば・・・」

 

HG_HINASE_03

「ふぅ?、ようやく主塔のところまで来れたか。ところで、エクストラドーズド橋についてはちゃんと勉強してきたかな?」

「もちろんですよ。センパイ橋ガールが小田原でお橋見していたやつと同じですよね。」

「そう、このエクストラドーズド形式は、その小田原ブルーウェイブリッジで当社が世界で始めて施工した橋梁形式なんだよね。その後に何橋も施工している得意分野だね!」

「同じく前に紹介されていたベトナムのガ・トゥ・ソ橋もそうですよね。」

「たいへんよくできました。この日生大橋は、それに加えて維持管理の面に配慮して全ての橋脚でラーメン構造が採用されていてね。で、このラーメン構造というのは橋脚と主桁が一体化していてその分の維持管理が不要になるんだよ。」

「そ、そうなんですか・・・(走りながらそんな説明されてもよくわからないですぅ・・・)」

 

HG_HINASE_04

「それにしてもこの景色といい、この橋といい最高です!エクストラドーズドさまさまです。何よりこの走ったときの開放感ったらない~」

「でしょ。カモちゃん、それはこの『主塔』の形が関係しているんだけど何か気が付いた?」

「えっ、え!?いきなりここでお橋見クイズですか?よくわかりませーん(> <)」

「走っているからって油断したら・・・だめよ~、だめだめ。実はね、この左右にある主塔はね、空に向かって伸びていくにつれて間隔が少しずつ開いていってるんだよね。」

「あ、そう言われてみれば・・・(さりげなくギャグいれてるけど・・・反応しづらい)」

「そして、この斜材部分の色が白いのは景観を意識してのものだよ。瀬戸内の穏やかな風景に溶け込みながらもアクセントを加えようと周りの景観との調和を考えながらデザインされているんだ。」

「橋ってコンクリート色して無機質なものだと思っていたのに、実はなんだか・・・あったかいんだから~♪

「む、カモちゃんも意外に余裕だねぇ。えーっと、らっ、、、じゃなくて、マッスーゴレライ・・・」

「・・・・・」

 

HG_HINASE_05
主塔は空に向かって少しずつ開いていくデザイン!

「そうそう、色と言えば・・・ここ!!ここの主塔の手の届くところの色が変わってますよね!どういうことでしょう!?」

「ふっふ、これはね、カモちゃんみたいないたずらっ子が橋に落書きをしても(※ 落書きは絶対してはいけません!)掃除がしやすいようにコーティングしてるんだよ。」

「(ひとこと余計ですね!)なるほど~、まっすーさん、さすがですね。勉強になりました。これでまっすーさんもハカセ2号になれるんじゃないですか!?」

「ふふん、見直したか!(ハカセに聞いて予習しといてよかった~)」

 

 HG_HINASE_06

「あ、残り1キロ地点だって!まっすーさん、スピード上げましょう!」

「ぼくは全然いいいんだけど・・・カモちゃん、大丈夫?」

「なにを言ってるんですか。今日この日の為に私はどれだけ自分に厳しく走りこんできたことか。それはもうストイックに!!!そして今日、この日の為に私は、先週美容院へ行って髪型も整えてきたのですよ!それはもうビューティフルに!!!いっきますよーーー」

「お、おう。(なんか普段の職場の雰囲気と違って意外と活動的だったのね)って、あれ?」

ぴゅーーーん

「こらーー!これはペアマラソンだぞーー!」

 

HG_HINASE_07 HG_HINASE_08
意外と活動的!なカモちゃん

「ゴール!!!あ、意外にあっさりおわっちゃいましたね。」

「おつかれさまー(ハイターッチ!!)」

「気持ちよかったですね?。これでおいしいものを食べに行ける・・・ん?まっすーさん、ゼッケン付け替えて何してるんですか?」

「じゃぁ、ぼくはこれから本番の10km部門があるからあとのお橋見のことはよろしくね!」

「えーー!?この後さらに10kmですか!?っていうか、私こんなところで放置ですか???」

「大丈夫。きっとその辺の山の中に所長がいるから、つかまえて案内してもらうといいよ。」

「その辺にいるって、シカやイノシシじゃないんだから・・・」

ふたたび応援のために橋の上へ

「がんばれーーーー(まっすーさん、まだかなぁ・・・)」

 HG_HINASE_09

「あっ、来た来た!まっすーさーーん、がんばれーーー!」

「ありがとう!がんばりまーーーす!」

「写真撮りますよ~って、ああっ!ブレた!ちょっと、ストップストップ!!」

「ムリムリムリムリ???!じゃーね!!」

 

HG_HINASE_10  HG_HINASE_11

HG_HINASE_12

「あーあ、いっちゃった。あっ、そういえば走っているときは気が付かなかったけど、あの浮いているのってカキの養殖棚よね。ずいぶんいっぱいあるんだ。食べたいなぁ?」

「おーーーい、カモちゃん!こっちこっち」

「え!?しょ、所長!?お疲れ様です。(ほんとに山にいた!!この現場をずーっと担当されて完成させたオオクボ所長よね。さすがオーラが違う・・・)」

「ちょっとこっちおいでよ!橋の下側も見せてあげるよ。」

 

HG_HINASE_13

HG_HINASE_14

「うわー、これいつものお橋見アングルじゃないですか。やっぱりこういうところに来ないと橋ガール感でないですよね。ん?そして、見つかる橋の裏に孔!(これ、橋ガールの定番ストーリーよね)」

「ここは橋の一番端っこの下側なんだけど、橋桁の中に入る点検孔があるんだ。そしてこれが支承と言ってね、ゴムでできていて、この部分で橋がのびたり縮んだりするのを吸収しながら橋の重量を支えているんだよ。」

 

HG_HINASE_15

「へー、こんなゴムで支えられているんですか。でも所長、橋って伸びたり縮んだりするんですか?」

「夏になって暑くなれば伸びるし、冬の寒いときは縮むんだよ。この橋の長さだと1℃温度が上がると8mmくらい橋が伸びるんだよ。この辺りだと年間30℃くらいの気温差で24cmくらい変化することになるんだよ。」

「コンクリートって固いイメージですけど、それが伸びたり縮んだりするなんてなんだか信じられないですね」

「それだけじゃない。コンクリートは長い年月かけて中の水分が少しずつ抜けて縮んでくるし、プレストレス・・・って聞いたことあるよね?あの力によっても長い年月をかけて縮んでいくんだよ」

「縮んでいっても大丈夫なんですか?」

「ちゃんとそれは計算されているから安心だよ。特に長い橋はさっき見たようなゴムを使った支承を橋脚の上に置いて橋を支えることで、ゴムに吸収してもらって橋脚に力が伝わらないようにしているんだ」

「あれ?でも所長、さっき走っているときまっすーさんが『この橋はラーメン橋でゴム支承がない』ってどや顔で言ってましたよ」

「その通り。ここみたいに橋が陸につながる“端”だけはゴム支承なんだけど、それ以外の橋脚につながっているところは全てラーメン構造。支承は金属部品があるから錆びの点検、管理が大変なんだ。特にこの橋みたいに海の上だと錆びやすいしね。それでこの橋では橋脚のところはみんなラーメン構造にしているって訳なんだ。」

「そうすると、さっきの説明にあった縮む分はどうなっちゃうんですか?」

「そう、鋭いね。この橋の長さは765m。普通ならば橋脚の上にゴム支承が必要な規模なんだよね。でもさっきも言ったように維持管理の面からはゴム支承をなくしたかった。そこで実は将来縮む分で発生する力の分だけ、前もって作るときに逆の力をかけているんだよ。『水平加力』っていってね。なんとこの橋では最大1200tもの力を加えてます。

 

HG_HINASE_16

1200t !!! あまりに大きすぎて想像つかない・・・。でもそんなこと聞くとますます橋 ♥ になっちゃいますね」

「橋の正式名称も備前 ♥日生大橋にもついているしね。さて、そろそろ10キロマラソンも終わったみたいだし、次の場所に行きますか!」

「次?もしかして、いよいよですね。おいしいーアレ!って、所長そっちは違う方向・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・

 HG_HINASE_17

HG_HINASE_18
操舵室

「せっかく東京からお橋見にきたんだからね、専用フェリーで橋を案内するよ。」

「わー、ぜいたくですね。ありがとうございます!!!」

 HG_HINASE_19

HG_HINASE_20

「日生大橋は横から見るとまた一段ときれいですね。」

「本土側の2つの主塔の間は航路なんだよね。船が通れる幅や高さを確保するためにエクストラドーズド形式が採用されたんだ。」

「なるほど。船が通るようにするためのエクストラドーズドなんですね。なめらかな弧を描いている感じ。やっぱりこうして見ると、周りにもマッチしてすてきな景色です。日生は海にも山にも恵まれたとてもすてきな場所なんですね。」

「この先の島の人たちは、これまで本島につながっていなかったんで、みんなこうして船で移動してたんだよ。」

「こちらの方には生活に欠かせない移動手段なんですね。でも、船はそんなに頻繁に運行してるんですか?」

「いいや、乗れないと2、3時間は待たされることもあるようだよ。」

「そうすると、橋の完成は島の人達にとっては本当に念願だったわけですね。」

「そうだね。今から大体40年くらい前に島のみんなで 『橋をかけたい、本島とつながりたい』 と一家族500円ずつ毎月架橋貯金をはじめたのがきっかけなんだそうだよ。それを行政が認めてくれて、まず奥にある頭島と鹿久居島とを結ぶ 『頭島大橋』 が2004年に完成して、ようやく日生大橋ができて本島とつながったんだ。ほら、頭島大橋が見えてきたよ!」

 

HG_HINASE_21

頭島大橋

「頭島大橋はアーチ型なんですね。日生大橋より控えめな感じですが、まわりの景色と合わさって和みますね~。」

「そうそう、これをみてごらん。あの橋ができたときにはこんな標識も作られたようだよ。」

 

HG_HINASE_22

「とても可愛らしい看板だと思うんですけど、だれに向けてるんですかね!?」

「シカとタヌキ・・・なんだろね。実は橋ができたおかげで、夜な夜な鹿とたぬきが集団で橋を渡って、農作物を荒らすとかで、地元の人たちも困っているみたいだよ。つまり、標識は読めてないってことかな。」

「なるほど。わたしだっておいしいご飯が食べられるんだったら、毎日がんばって渡っちゃいますもんね。でも、地元の人にとっては切実な問題ですね。」

「さて、我々もお腹すいてきたからそろそろ市場に向かうとするか!きっとまっすーももう到着しているはずだよ。」

日生町漁協市場「五味の市」に到着。
ここは、早朝水揚げされた魚が漁師のおかみさん達の手で威勢良く売られている場所。どれも獲れたての新鮮さで、市価よりも手頃な値段で売られていることから大勢の買い物客で賑わっているそうです。午前9時頃から市が立っているらしいが、マラソンを終えた一行が到着したのはすでにお昼をまわっていました・・・

HG_HINASE_23

「おなかすいた―――って、あれ?ぜんぜん魚がいない!」

「ははは、もうお昼過ぎだし。仕方ないね。」

「そんな・・・せっかく新鮮な海の幸をと思ったのに!なにかないんですか!!」

「おーーい、カモちゃん、こっちこっち。ほらほら、こんなものが。」

 

HG_HINASE_24

HG_HINASE_25

「あ、ソフトクリームじゃないですか!わーいわーい、ってあれ???なんですかこの刺さっている物体。まさか・・・」

「まぁ、ひとくち食べてみなさい。」

「あ、意外といけますよ、これ。」

「ほんとですか!? どれどれ・・・あ、ぐふ・・・ふーん。今まで味わったことのない味。カキフライとソフトクリームの味はわかるんですけど、このソース・・・」

「チョコレートソースかと思ったら、まさかカキフライ用のソースだとはねぇ。」

「あえてここでは評価はさけますが、まっすーさん、まさか今日はこれだけじゃないですよね?ソフトクリームだけじゃ足りないです。カキオコペコペコ丸です。ほら、あそこにお店あるし。」

「はいはいはいはい。じゃぁ、いよいよメインディッシュといきますか。」

 

HG_HINASE_26 HG_HINASE_27

「こ、こんなに牡蠣入ってる。あ~、ようやくカキを味わえた?。最高!」

「今日一日、マラソン参加にマラソン取材と、ご苦労さまでした。お腹もふくれたことだし、最後に私のとっておきの場所に連れて行ってあげようか!」

「そうそう、今日のべスポジってやつを決めなければですよね。よろしくお願いします!」

 HG_HINASE_28
ということで、今日の取材はここまで。
最後に、決めのポーズ


HG_HINASE_29

HG_HINASE_30 
まっすーさん直伝の一発ギャグ「エクストラー、ドーズド!!」

たいへんよくできました!

カモちゃんの絵日記

HG_HINASE_enikki

2015年6月 行った場所:備前♥日生大橋
日生の夜。リアル 『あまちゃん』 ワールド!!すてきな観光協会のみなさんでした!

 

―つづく