新保 歩

設備専門のオールラウンドエンジニアを目指して。

現在の仕事内容

img1 現在、全戸数約250戸、約20店舗が入る高層(23階)の複合型集合住宅で、設備部門の施工管理業務を担当しています。主な仕事としては、お客様、設計事務所との定例打合せ、電気と給排水・空調の協力会社から上がってくる配管やケーブル関係の施工図、施工要領書、納入仕様書をチェックしたり、それが設計図書に合っているかどうかを確認すること。竣工後のメンテナンスや内覧会なども私の役割になります。建築の担当であれば、現場で作業員の方たちに直接指示を出すことが多いでしょうが、設備担当の私は協力会社それぞれの代理人との打合せや建築担当との調整が中心になります。 携わった物件としては、今回が4件目。社員の中には、内勤を経験した後に現場勤務となる人もいるかと思いますが、私は入社以来ずっと現場に勤務しています。業務の傍らに、一級施工管理技士資格の勉強も少しずつ(笑)。資格の取得のためというより、自分のスキルアップのために取れるものは取っていこうと頑張っている次第です。

この仕事で心掛けていること

現場ではいろいろな人に接するので、それぞれのキャラクターを掴むように心掛け、この人はどういう言い方なら快く指示を受けてくれるだろうか、といったことを日々考えています。ゼネコンとか、建築現場とか言っても、結局は人と関わる部分のウエートが高い。その意味では、入社してすぐ指示をする立場になるので大変でした。知識がないと指示や管理もできませんからね。今も、周りに自分より人生経験の豊かな方が多いという点では、気を遣っています(笑)。 入社5年目になりますが、大失敗したという経験は特にありません。今考えると入社当時から、問題があればすぐ相談ということを心掛けていたからではないかと思います。自分だけで抱えていると小さなことも大問題に発展することがあるので、上司、同期、設備等の部門を問わずに、すぐ相談していますね。誰にでも相談しやすいという社風が、当社に根付いているからできるのかもしれません。

三井住友建設で働くことの醍醐味

自分の携わった物件でいちばん印象に残っているのは、都内の中規模集合住宅工事。着任した時は既に躯体工事は終わっていましたが、調整が不十分なため、地下に機器を据え付けるという本来先にやっておかねばならない作業がまだ完了していませんでした。その機器というのが非常に大きいもので、入れるルートも難しいうえに、金額的にも厳しくて、協力業者が中々見つからなかったのです。何とか協力業者を見つけて設置が上手くいった時は、苦労したぶん喜びも大きかったですね。 建物を作るという仕事は大変ですが、やはり作品として残ることはやりがいになります。自分なりに一生懸命に頑張って、お客様から“頼んで良かった”と喜んでいただけると、特に嬉しいですね。私は設備担当ですが、一つの建物にはいろんな要素が詰まっているので、構成するすべてを理解できるようになれば、もっと仕事が面白くなるんじゃないかと思います。そのためにも、大小関わらず様々な物件を経験していきたいですね。

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台