技術サービス

アラミドFRPグラウンドアンカー工法
  • 土木

アラミドFRPグラウンドアンカーとは

 アンカーの引張材にアラミドFRPロッドを用いた、軽量で耐久性に優れた新しいタイプのグラウンドアンカーです。

  耐久性、施工性に優れた新素材のグラウンドアンカー技術として、1994年に(財)土木研究センターの技術審査証明を取得しています(公技審証第0502号)。

特 徴

  • 防錆処理を行わなくても永久アンカーとして使用できます。 軽量で作業性に優れています。
  • ナット定着であり、緊張・再緊張作業が容易に行えます。
  • 酸性、アルカリ性土壌など特殊な地盤にも適用できます。
  • 弾性係数が通常の鋼材より小さく、地盤の変形やクリープによるアンカー力の低減が少なくなります。
  • FRP製軽量受圧板と組み合わせて使うことにより、省力化。効率化が図れます。
aramid01アラミドFRPグラウンドアンカー

設 計

 従来のグラウンドアンカーと同様に設計ができます。

施 工

 従来のグラウンドアンカーと同様の施工手順となりますが、軽量であるため施工性は良好です。

実施例

FRP製軽量受圧板と併用

【名神高速道路(改築)梶原工事】
発注者: 日本道路公団
施工概要: 斜面安定工(永久アンカー)
     アンカー長19.0~30.0m 9-Φ7.4mm 36本
アラミドFRPロッド使用量: Φ7.4mm 8,300m

コンクリート法枠工に適用

【付替国道小瀬戸地区法面対策工(その2)工事】

発注者: 建設省九州地方建設局(特定パイロット工事)
施工概要:斜面安定工(永久アンカー)
        アンカー長 7.8~11.0m 9-Φ7.4mm 65本
アラミドFRPロッド使用量:Φ7.4mm 5,160m

【平成15年度 木曽川水系 梨子沢第1砂防堰堤工事】

発注者:国土交通省 多治見砂防国道事務所
      (元請:木曽土建工業株式会社)
施工概要:斜面安定工(永久アンカー)
        アンカー長 14.0~16.0m 12-Φ7.4mm 22本
アラミドFRPロッド使用量:Φ7.4mm 3,890m

港湾構造物に適用

【西海護岸補強工事】(試験施工)

発注者:住友重機械工業株式会社 新居浜工場
施工概要:既設係船護岸補強(永久アンカー)
       アンカー長 32.5m 12-Φ7.4mm 1本
アラミドFRPロッド使用量:Φ7.4mm 400m

aramid02名神高速道路(改築)梶原工事
aramid03小瀬戸地区法面対策工事
aramid04小瀬戸地区法面対策工事
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台