技術サービス

ドリルジャンボを用いた削孔検層システム
  • 土木

ドリルジャンボを用いた削孔検層システムとは

ジャンボ削孔機のトルクや打撃圧といった機械量データからトンネルの切羽前方の地質構造を推定するシステムです。2002年に(社)日本建設機械化協会の加藤賞を受賞しました。

特 徴

  • ボーリングマシンなどの専用機を用いずに、容易に切羽前方の地質状況の予測が可能です。
  • ロックボルト孔の削孔データを解析することで、トンネル周辺地山の地質状況をビジュアルに表現し、安定性を評価できます。
  • 来のさぐり削孔を定量的、客観的データとして表現し、工程管理や安全管理に活用できます。
  • 機械量データは全自動で取得し、現場内無線LANを通じて事務所のパソコンにデータをダウンロードできます。
  • 処理・解析に要する時間は1時間以内です。
drill01
drill02 長孔削孔による切羽前方探査

実施例

【用瀬第二トンネル】

発注者: 日本道路公団
施工場所: 鳥取県
完成年: 2007年

【坂祝第三トンネル】

発注者: 国土交通省
施工場所: 岐阜県
完成年: 2007年

【さみずトンネル】

発注者: 日本道路公団
施工場所: 長野県
完成年: 2008年

【栗子トンネル(山形側)】

発注者: 国土交通省
施工場所: 山形県
完成年: 施工中

drill03 AGF削孔データによる天端地質の予測
drill04 ロックボルト削孔データによるトンネル周辺地山の評価
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台