技術サービス

バックフィルシールド工法
  • 土木

バックフィルシールド工法とは

非開削により、既設トンネルを撤去して、周囲と同等の地盤状態に復帰することのできる工法です。

特 徴

バックフィルシールド工法は、バックフィルシールド機を用いて既設管路の外周地盤を掘進しながら、順次既設管路の撤去と埋戻しを行う工法です。推進反力は、テール隔壁から充填した埋戻し材または既設トンネルのセグメントより確保します。

施 工

  • バックフィルシールドは撤去の対象となる既設管路を覆う形で設置します。フード部はトンネルの外周地盤を掘削する機構を、中胴部は推進ジャッキや管路解体機構等を、テール部は推進ジャッキにより作動する隔壁を装備しています。
  • 埋戻し材はテール隔壁から打設充填します。
backfil1 バック反力タイプ
backfil2 けん引タイプ
backfil3 施工順序

実施例

【既設とう道撤去工事】

発注者:首都高速道路公団
所在地:東京都
シールド外径:Φ4460mm
完成年:2003年

backfil4 Φ4,460mm BFシールド機およびけん引設備
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台