技術サービス

免震構法
  • 建築

免震構法とは

 建物と地盤とのあいだにクッションとなる「免震装置」をいれて、地震の力を 建物に直接伝えないようにして揺れを小さくとどめるシステムです。

概 要

 免震システムは、建物を支えるクッションである免震装置によって、建物自体が ゆっくりと平行に揺れる性質になることに特徴があります。これによって地震の 力を逃がし、激しい揺れを抑えますので、家具や什器などが転倒しにくくなりま す。建物の被害を最小にとどめますので、生活機能や生産機能を低下させること はなく、大地震後の社会の復旧に大いに貢献いたします。 免震構法は、免震装置を設置する階の違いで2つのタイプに分類されます。 「基礎免震構法」は、建物の基礎部分に免震ピットを構築する構法で、杭や基礎 を除く建物全体を免震化します。 「中間階免震構法」は、特定の中間の階を免震化する構法で、装置設置階より上 部を免震化します。

img_condition_02 LR1&CLB

  • 建築に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台