技術サービス

制振構法・制震構法
  • 建築

制振構法・制震構法とは

 制震構法とは、建物内部に地震エネルギーを吸収する制震装置を設け、地震時の建物全体の揺れを小さくするシステムです。とくに地震に限らず、さまざまな要因による振動を抑えるシステムを制振構法と呼びます。

概 要

地震エネルギーが建物に作用すると、通常は建物の柱や壁などがそのエネルギーを負担し、損傷を受けることになります。そこで、エネルギー吸収装置(制震装置)を設置して、地震エネルギーを吸収、消費し、建物本体のダメージを少なくします。

主力商品のひとつである制震壁は、鋼製の箱の中に粘性体を封じ込めた装置で、建物に投入された振動エネルギーを大量に消費し、建物の揺れを抑制する動きに力を発揮します。 この制震壁は通常の間仕切り壁と同じような位置に利用するため、余分なスペースをとらずにコンパクトに配置することが可能です。

振動エネルギーの吸収の仕方は建物の規模や形状によって異なりますが、制振/制震デバイスには、「減衰こま」「FLR」「アクアダンパー」などさまざまなものが取りそろえられています。 住宅からオフィス、超高層・タワー建築・大規模建物から低層の鉄骨工場、地震対策から風揺れ・微振動対策まで、あるいは既存ビルの制震改修など、さまざまな用途の建物のさまざまな振動エネルギー制御の要求に対して最適なものを選んで導入することができます。

実施例

制震壁

メディアシティ静岡は、世界初の大規模制震構造物で、東海地方の巨大地震対策として制震壁を導入しました。いくつもの中小劇場空間が複雑に組み込まれ、通常では成立しない構造形式を可能にしました。 seisinkoho3

seisinkoho4
減衰こま

円筒形の装置の軸方向の変形を回転変形に変換するときに粘性減衰性能を発揮するもので、ブレースなどの部材に組み込んで通常の部材配置を可能にしています。タワー状の構造物の制震や、既存建物の制震補強(レトロフィット)などに有効です。 pb_04_img09 seisin

アクアダンパー

建物頂部に設置した水槽の中の水の揺れ(スロッシング)で建物の揺れを低減するダンパーです。建物とほぼ等しい固有周期をもつ振動体を設置すると、建物本体の運動エネルギーを振動体が吸収して揺れが小さくなるという原理を液体(水)に応用したものです。超高層建物や展望タワーなどの構造物の風による横揺れを効果的に抑えます。 このようにわたしどもでは、建物の規模や要求性能に合わせて最適の制震装置を選択し、お客様のご要望に対してお応えいたします。さらに、未来の制震壁としてガラス制震壁の実用化を進めており、新たなバリエーションをつくろうとしています。

  • 建築に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台