技術サービス

差圧解消ドア
  • 建築

差圧解消ドアとは

風の強い日にみられる扉が重くて開けにくい現象を、袖パネルに組み込まれた差圧緩和機構により緩和される玄関扉ユニットです。

特徴

  • 風が強い日に生じる玄関ドアが重く開けにくい現象は、風圧により住戸内外の圧力差が大きくなることが原因です。
    差圧解消ドアは、袖パネルに設けた可動パネルを開くと、袖パネル内部を空気が通り抜け室内外の圧力差を緩和させる仕組みです。
  • 可動パネルは、住戸の外側からでも内側からでも操作できます。
  • 差圧緩和装置は袖パネル内蔵のため、玄関ドアのデザインには従来どおりの自由度が確保されています。

saatsu01

玄関扉としての性能

差圧解消ドアは、玄関ドアとして下記の性能を確保しています。

性能表
気密性能 A-2
遮音性能 T-2
断熱性能 H-3
防火性能/th> 特定防火設備

※差圧解消ドアは、日本フネン株式会社との共同開発製品です。

  • 建築に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台