技術サービス

植物工場
  • 建築
  • 環境

植物工場とは

食の安心安全を提供する次世代農業施設のひとつです。安心安全な野菜や果実を、高度な環境調整技術や管理手法を用いることによって建物内やガラスハウスにて、品質や収量を安定的に栽培生産する施設園芸技術です。

お客さまのメリット

空き倉庫や工場等の遊休施設を有効利用して植物工場に改造し、栽培事業を行うことが可能です。

概要

スプレー式水耕栽培方式(カネコ種苗株式会社の栽培システム)を採用した、多段式栽培システムで低細菌・高機能な野菜を安定的に栽培することができます。建物内で栽培する完全閉鎖型植物工場と、太陽光を利用しながら環境制御を行う太陽光併用型への取組が可能です。

当社の役割

栽培施設担当会社、運営ノウハウ支援会社とともに施設設置計画をはじめ、栽培計画や収支計画、そして栽培後の技術指導も全面的にサポートします。

開発技術

植物工場に関して、キユーピー株式会社やカネコ種苗株式会社との共同研究を継続的に実施しており、省エネや栽培環境、衛生環境の改善を中心とした要素技術を開発しています。

△環境制御の植物栽培実験状況(太陽光併用型植物工場)
△ 環境制御の植物栽培実験状況(太陽光併用型植物工場)

syokubutsu02
△  完全閉鎖型植物工場提案事例

事例

  • 環境に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台