技術サービス

鋼管コンクリート構法
  • 建築

鋼管コンクリート構法とは

 鋼管コンクリート造の柱を用いた耐震安全性に優れた超高層住宅の建設構法です。

お客様のメリット

鋼管のコンファインド効果

 鋼管コンクリート柱の採用により、超高層住宅においても耐震性を確保しつつ、比較的小断面の柱で、かつ、スパンの大きな計画ができます。

概 要

 鋼管コンクリート構法は、コンクリートが充填された鋼管を建物の柱に使用する構法です。超高層建物では大地震時に非常に大きな圧縮力が柱に作用するため、一般的に下層階の柱のサイズを大きくしたり、高強度のコンクリートや鋼材を用いて耐震安全性を確保しています。 一方、鋼管コンクリート柱を使用することも耐震安全性の対処法のひとつです。 鋼管コンクリート柱は、「コンファィンド効果」と呼ばれる鋼管の拘束効果により、比較的小断面で大きな耐力を発揮します。

コンクリート充填作業

コンクリート充填作業

RiverCity21イーストタワーズ

RiverCity21イーストタワーズ

実施例

  • センチュリーパークタワー●RiverCity21イーストタワーズ
  • 青山パークタワー 他
  • 建築に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台