技術サービス

A&P耐震補強工法
  • 土木

A&P耐震補強工法とは

アラミド繊維シートと高伸度繊維シートを使用した、高架橋柱の耐震補強工法です。柱のせん断補強区間には高強度アラミド繊維シートを、じん性補強が必要な区間にはポリエチレンテレフタレート繊維(PET)、ポリエチレンナフタレート繊維(PEN)などの高伸度繊維シートを用います。 コンクリートの強度や変形性能を十分に発揮することができるため、耐震性能上高い変形性能が要求される鉄道高架橋柱への耐震補強に適した工法です。

特徴

  • 耐震性
    高伸度の繊維を用いれば、耐力は終局変形が繊維の破断では決定されないこととなり、脆性的な挙動を避けることが可能となります。柱の変形性能を十分に発揮することができます。
  • 経済性
    高伸度繊維シートは安価なため、経済性に優れています。
  • 工期短縮
    鋼板接着工法に比べ、厳密な採寸や工場加工が不要で、工期短縮が図れます。
  • 施工性
    他の補強用繊維シートと同様に軽量、柔軟なため、施工性に優れた材料です。
a&p01 A&P耐震補強工法の概念
a&p02アラミド繊維シートと高伸度繊維シート
a&p03試験状況

経済性

せん断スパン比が大きい橋脚では、従来の鋼板接着工法に比べてコストダウンが可能です。

a&p04せん断スパン比 La/D

工期

工事は数日間で完了します。工場加工は不要です。

ap05

その他

工法基準

「既存鉄道コンクリート高架橋柱等の耐震補強設計・施工指針 A&P耐震補強工法編」、 平成18年1月、財団法人 鉄道総合技術研究所

  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台