技術サービス

トンネル用アラミド三軸メッシュ工法
  • 土木

トンネル用アラミド三軸メッシュ工法 とは

型崩れしない砂付き三軸アラミドメッシュシート(SAMMシート)を覆工コンクリートの表面近くに設置することにより,コンクリートの剥落の恐れをなくし,耐久性を向上させる工法です。 この工法は特許出願中です。また,SAMMは、 Sandy Aramid Mesh Methodの略です。

SAMMシート SAMMシート

特 徴

  • コンクリートの剥落防止だけでなく,コンクリート表面のひび割れ幅も制御できるため,覆工コンクリートの耐久性が向上します。
  • SAMM シートはコンクリート表面に露出しないため,仕上がりは通常のコンクリート表面と変わりありません
コンクリート表面 コンクリート表面

性能試験

トンネル覆工コンクリートクラウン部の実大型枠を利用した“トンネルSAMM工法”の実証試験を実施し,所定の性能を満足すること,適用性・有効性を確認しました.アラミドメッシュシートは,以下の試験を行い,性能を確認しています.

性能試験(SAMMシートなし) 性能試験(SAMMシートなし)
性能試験(SAMMシートあり) 性能試験(SAMMシートあり)

施 工

  • 施工範囲
  • SAMMシートを,覆工コンクリートのひび割れ・剥落が発生しやすい目地部を挟んで幅約1 m(片側約50cm),クラウン部120°の範囲に配置するのが効果的です。

  • 固定方法
  • SAMMシートは,移動式型枠(スライドセントル)をセットした後に作業窓からスキンプレート上に固定できます(写真-1).コンクリート打設中に移動しないように固定します。

  • 固定治具
  • 固定用治具は,脱型時に容易に切断できる形状,強度としています。

SAMMシートの設置範囲 SAMMシートの設置範囲
固定状況 固定状況

実施例

  • 道路トンネルに採用

【椎坂白沢トンネル】

工事名
(仮称)椎坂2号トンネル工事分割1号
工事場所
群馬県沼田市利根町
発注者
群馬県
工期
2009年10月15日~2012年4月19日
概   要
国道120号のバイパストンネルで,全長1,653mのうち起点側831mの2車線道路トンネル新設工事。
コンクリート打設状況 コンクリート打設状況
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台