技術サービス

HCP工法 (Hardening Compaction Pile)
  • 建築

HCP工法とは

 液状化対策と建物の沈下低減効果が期待でき、環境負荷低減にも寄与できる合理的なパイルド・ラフト基礎工法です。
※ HCP工法は、三井住友建設・安藤建設・鉄建建設・東急建設・戸田建設・西松建設・ハザマ・不動テトラによる共同開発工法です。

お客様のメリット

  • 合理的な基礎工法 液状化地盤で合理的なパイルド・ラフト基礎を構築します。
  • コスト削減・工期短縮 施工機械の転用が可能で、砂杭と固化杭を一連の作業で施工できます。
  • 周辺環境への配慮 低騒音、低振動での施工が可能であり、 都市部での施工に適しています。
  • 環境負荷低減への寄与 固化杭にリサイクル材を使用したコンクリートを用いることができます。
    ※ HCP工法は現在、特許出願中です。

概要

  • HCP工法の概要
      HCP工法は、地震時に液状化の可能性のある砂質土地盤において、液状化対策としての静的締固め砂杭(SAVEコンポーザー*)と、建物の沈下低減用のコンクリート杭「締固め固化杭」(Hardening Compaction Pile)を同じ施工機械を用いて造成できる施工合理化工法です。
    *SAVEコンポーザーは(株)不動テトラが保有する静的締固め砂杭工法です。
  • 建築技術審査証明(建築技術)を取得
    2007年11月16日付で(財)日本建築センターの建築技術審査証明(BCJ-審査証明-135)を取得しています(当社を含む8社で共同開発)。
  • 施工手順
図1 HCP工法の概要-手順

図1 HCP工法の概要-手順

図2 従来工法とHCP工法の比較

図2 従来工法とHCP工法の比較

  • 建築に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台