技術サービス

ICタグ車両運行管理システム
  • 土木

ICタグ車両運行管理システムとは

車両に搭載されたICタグから発信される電波をタグリーダーで受信することで車両位置をリアルタイムに検出し、誘導員に知らせることで安全かつ円滑な車両誘導を実現するシステムです。

特徴

  • 高速走行する車両も検知することができます。
  • 有線LANや無線LANを介したリアルタイムな情報伝送が可能です。
  • ICタグに登録されたIDを認識することで車両の個体識別が可能です。
  • 各車両の状況はモニターにリアルタイム表示されます。
  • モニターを注視しなくても車両の接近をパトライトやブザーで通知することが可能です。
ic01システムのイメージ

効果的な適用法

長大トンネル内や山間部などGPSによる車両の位置検知が困難な条件下での車両管理への適用が可能です。また携帯電話などを用いた車両との通信確保が困難な場合にも対応することができます。

ic02車両誘導の状況

実施例

上信越自動車道Ⅱ期線 さみずトンネル工事
発注者
東日本高速道路(株)
所在地
長野県上水内郡飯綱町
完成年
2008年
ic03誘導用モニターとパトライト

システム構成例

下図は延長2.4kmのトンネル内にリーダーをA、B、C、D、Eの5箇所に設置し、トンネル内での車両の接近情報を トンネル出口の誘導員にリアルタイムに知らせるシステムです。  車両検知データの通信では、通信経路の状況に応じて有線LANと無線LANの切り替えを行っています。

ic04

ICタグ検知による車両表示状況

誘導員用の車両位置表示画面例です。一度に2~3台の車両がトンネル内に進入する状況を表示できます。 パトライトとブザーでも接近状況を伝え、的確な誘導を行います。

ic05
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台