技術サービス

JUC(ジャック)工法
  • 土木

JUC(ジャック)工法とは

シールドトンネル内の任意の位置に,立坑を設けずに分岐・接合トンネルを構築できる工法です。JUCは,Joints in Underground Convenientlyの頭文字をとった名称です。

特徴

  • 地上環境への影響がなく,分岐・接合位置の選定が容易です。
  • セグメントを直接切削することで地山開放がなく安全に施工ができます。
  • 曲線部での分岐・接合が可能です。
  • 工期短縮,コスト縮減が可能です。

設計・施工

特殊セグメントは,開口後の偏荷重を負担する開口補強部材,シールドマシンのカッタビットで直接切削できる材料および着脱式の補助部材で構成されています。

分岐シールドは,坑内搬送および坑内でのマシン組立を行うため,多分割構造としています。

TSC0303-121101JUC工法_doc_m1c820854
OLYMPUS DIGITAL CAMERA特殊セグメントの構造

実施例

杉並区堀の内1、2丁目付近枝線工事

発注者
東京都下水道局
所在地
東京都
先行トンネル外径
Φ3,110mm
分岐トンネル外径
Φ2,000mm
完成年
2006年
TSC0303-121101JUC工法_doc_72ff303f 分岐シールド機
TSC0303-121101JUC工法_doc_m26ce855a 分岐シールド坑内発進イメージ
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台