技術サービス

放射線量平面分布計測システム
  • 土木

放射線量平面分布計測システム とは

GPSを搭載した放射線量測定車を用いて,最新の線量マップをパソコン上にリアルタイムに表示するシステムです。

※本システムは平成24年度第1回福島県除染技術実証事業における選定技術となっています。

特 徴

  • 除染対象区域の放射線濃度の色分け平面分布マップを,CAD図面等に重ねて,その場で短時間で描くことができます。10,000m2程度の計測が4~5時間程度で実施可能です。
  • 放射線量色分け分布図から,表土の削り取りの必要な区画が現場で容易に分かるため,削り取り対象面積の縮小につながります.
  • 薄層で一度削り取り実施後に,さらに削り取りが必要な部分(区画)の有無がモニター画面から直ぐに確認できます.
  • 削り取り作業の各過程をデジタルデータおよび図表で提出できます.除染作業のエビデンスが確実に残せます.
車載計測システム構成図 車載計測システム構成図
パソコンに表示される放射線量平面分布図の一例 パソコンに表示される放射線量平面分布図の一例

適用による効果

  • 本システムを活用することによって,必要の無い削り取りを行わず,処理土量を最小限に減容化することが可能となります.
  • 除染実施後の運動場や公園広場などの施設に適用すると,放射線量分布状態の“見える化”が可能となるため,利用者への安全・安心に関する情報提供面で有効に活用できます.
計測結果の一例 計測結果の一例
計測状況 計測状況

実施例

委託業務名
公園等放射線量低減対策業務
委託 (その9総合運動公園)
委託者
流山市
受託者
SMCテック株式会社
委託業務場所
千葉県流山市野々下1丁目地先 流山市総合運動公園内
履行期間
平成24年5月23日~10月31日
事業名
平成24年度第1回福島県除染技術実証事業
事業主体
福島県
実施場所
福島県伊達市霊山町運動広場
実証期間
平成24年7月19日~10月00日
平成24年度第1回福島県除染技術実証事業 評価報告書
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台