技術サービス

モールシールドビルダー工法
  • 土木

モールシールドビルダー工法(MOLE-Shield Builder)とは

特殊な運搬機構と治具類により、プレキャスト補強部材による小断面トンネル内面補強を高効率で行う工法です。

プレキャスト補強部材組立て終了後 プレキャスト補強部材組立て終了後
(サポート材は背面充填時補強)

特 徴

  • 着脱式車輪の装着により、専用台車が不要です。
  • 運搬時にねじりの発生しない仮連結治具の開発により、組立精度を保持したままプレキャスト補強部材を坑内運搬できます.
  • 誘導治具の採用により、設置精度の向上と設置作業の省力化が可能です。
  • 一日に10基(約20m)以上のプレキャスト補強部材の運搬組立てが可能です。
  • PC版、鋼板を問わず全てのプレキャスト補強部材の運搬組立てに適用できます.
覆工内面補強後1年経過時の坑内状況 覆工内面補強後1年経過時の坑内状況

施工手順

  • STEP1 アーチ補強部材地組み
  • STEP2 着脱式車輪装着
  • STEP3 アーチ補強部材トンネル坑内運搬
  • STEP4 アーチ補強部材軸方向牽引
  • STEP5 着脱式車輪脱着
  • STEP6 インバート補強部材トンネル坑内運搬
  • STEP7 インバート補強部材設置
  • STEP8 プレキャスト補強版設置位置補正
  • STEP9 プレキャスト補強版背面充填
着脱式車輪 着脱式車輪
仮連結治具 仮連結治具

モールシールドビルダー工法(MOLE-Shield Buider)施工要領

STEP1 アーチ補強部材地組み STEP1 アーチ補強部材地組み
STEP2 着脱式車輪装着 STEP2 着脱式車輪装着
STEP3 アーチ補強部材トンネル坑内運搬 STEP3 アーチ補強部材トンネル坑内運搬
STEP4 アーチ補強部材軸方向牽引 STEP4 アーチ補強部材軸方向牽引
STEP5 着脱式車輪脱着 STEP5 着脱式車輪脱着
STEP6 インバート補強部材トンネル坑内運搬 STEP6 インバート補強部材トンネル坑内運搬
STEP7 インバート補強部材設置 STEP7 インバート補強部材設置
STEP8 プレキャスト補強版設置位置補正 STEP8 プレキャスト補強版設置位置補正
STEP9 プレキャスト補強版背面充填 STEP9 プレキャスト補強版背面充填
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台