技術サービス

ソイルレイヤー工法
  • 土木

ソイルレイヤー工法とは

ソイルレイヤー工法とは、現地発生土または購入土をベース土とし、ベントナイトなどを均質に混合・攪拌して混合土を製造し、撒き出して締め固めることにより、高い遮水性と施工のトラフィカビリティを確保した、遮水土層を造成する工法です。

特 徴

  • 遮水シートと組み合わせた複合型遮水構造として、管理型最終処分場の遮水層などに適した工法です。
  • 現地発生土の活用が可能です。
  • 混合土は現地で連続的に製造できます。
  • マクロ間隙比という考え方を導入した配合設計法を確立、しらすなどの特殊土まで適用範囲を拡大するとともに、より適切な配合設計が可能になりました。
  • 施工機械、廃棄物などによる損傷がなく、信頼性の高い遮水土層を造成します。
振動タンパによる締固め(斜面部) 振動タンパによる締固め(斜面部)

概 要

配合設計は、現地発生土の締固め試験、および配合試験によりベントナイトの添加率を決定します。

含水比を調整して最適なベントナイト量を添加し、撹拌混合してベントナイト混合土を製造します。

平坦部は振動ローラ、斜面部では登坂型振動ローラや振動タンパを用いて所定の厚さに転圧し締固めます。

振動タンパによる締固め(斜面部) 振動タンパによる締固め(斜面部)

ベントナイト混合土の品質保証技術

  • 新しい品質保証技術の開発
  • ベントナイト混合土遮水層では、難透水性の確保とその均一性が求められるため、RIによる密度試験、ベントナイトの添加率の確認試験、室内透水試験などを行って品質を管理します。従来は室内試験による管理が主でしたが、原位置における試験方法を開発導入し、施工効率と品質の向上を図りました。

  • 現場透水試験
  • 従来の現場透水試験法は計測に長時間必要で、施工管理への適用が難しい面がありました。そこで、施工管理にフィードバック可能な短時間で、精度良く計測できる透水試験方法および装置を開発しました。

  • ベントナイト添加率の原位置確認方法
  • 鉱物の種類によって表面誘電率に差があることを利用して、ベントナイト添加率を測定する方法です。数秒で測定可能で、多点測定により均一性確認が可能です(特許出願中)。

現場透水試験装置および誘電率の測定 現場透水試験装置および誘電率の測定
自走式ミキシングプラントによる製造 自走式ミキシングプラントによる製造

実施例

【ソイルレイヤー工法を初めて採用】

  • 諏訪クリーンパーク
発注者
友部町他二町環境組合
所在地
茨城県友部町
完成年
1995年
埋立容量
70,000m3

【自走式ミキシングプラントの実証実験】

  • 津山処分場
発注者
津山市
所在地
岡山県津山市
完成年
2004年
埋立容量
350,000m3
  • エコクリーンプラザみやざき管理型最終処分場
発注者
(財)宮崎県環境整備公社
所在地
宮崎県宮崎市
完成年
2005年
埋立容量
577,000m3
エ終処分場コクリーンプラザみやざき最全景 エ終処分場コクリーンプラザみやざき最全景
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台