技術サービス

ソーラーチムニー自然換気システム
  • 建築

ソーラーチムニー自然換気システムとは

太陽光による温度上昇と通風を利用した建物の自然換気システムです。

仕組み

太陽光を集める工夫がされた集光機能と風力を利用する開口をもった排気筒(チムニー)を建物の上に建てて排気を行います。 給気は、クールチューブなどで地中の熱を利用したり、大きな給気開口を設けます。

ソーラーチムニーを設置

効果

空気がこもりやすい場所の自然換気を促進します。開口に自動制御機能を組み込むことで、時間や風雨や温度、湿度に応じた自然通風性能を実現します。
また、ソーラーチムニーは建物の環境貢献のシンボルとして視覚に訴えます。

実施例

大学にソーラーチムニーによる排気と調湿ピット及び給気開口による給気システムを組み合わせた自然換気システムを組み込みました。 各開口は制御システムにより自動制御されています。 四季を通じて建物内の熱環境を快適に保つ効果が認められました。

  • 建築に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台