技術サービス

土壌・地下水修復技術
  • 環境

「土壌汚染対策法で認められた土壌汚染対策工法は以下のとおりです。

三井住友建設は豊富な土壌汚染対策技術・実績を所有しています。 土壌汚染の状況にあった工法を選定することにより、お客様の土地活用の幅を広げます。 土壌汚染対策は三井住友建設にお任せください。

土着微生物活性化によるVOC分解工法(バイオスティミュレーション(EDC))

微生物の栄養剤を地下水に注入することにより土壌・地下水中の土着の微生物を増殖・活性化させて揮発性有機化合物(VOCs)などを分解する工法です。
この工法は、土中に存在する微生物を使うもので、注入する栄養源は食品材料から作られているため安全面でも優れており、環境に対する負荷もほとんどありません。
小規模の仮設で施工することができ、操業中の工場などで多く採用されている工法です。

EDC工法パンフレット(PDF)

酸化分解法

酸化剤を地下水層に注入・拡散し、化学反応により揮発性有機化合物(VOCs)を酸化分解する工法です。
原位置浄化が可能で、地下水層のある深い深度の揮発性有機化合物(VOCs)汚染対策に有効です。また、高濃度の汚染にも適用できます。

吸着層工法

汚染土壌底部や側面部に吸着剤を使用した吸着層を設置し汚染土壌から溶出した汚染物質を吸着剤に吸着させることにより、汚染物質の地下浸透を防止します。汚染土壌の盛土底部への使用、対象地内の封じ込めに使用できます。

遮水工封じ込め

遮水シート等で底面及び側面、上面に遮水層を形成し、汚染土壌を地下水と隔離した状態で封じ込める方法です。遮水構造は、遮水シート、ベントナイト混合土等を用います。 全ての特定有害物質に適用できます。

ダイオキシン類掘削除去

ダイオキシン類汚染土壌の掘削除去を安全に行うため、飛散防止対策として汚染範囲をテントで被い、内部を負圧に保持した状態で掘削除去する方法です。作業員は汚染レベルに応じた保護具を着用、環境保全ならびに労働安全に配慮しながら施工します。

埋設廃棄物除去

埋設された廃棄物を掘削除去します。除去した廃棄物及び土壌は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「土壌汚染対策法」に準拠し、適正に処理します。
埋設廃棄物は廃棄物の性状、有害物質の濃度により、産業廃棄物もしくは特別管理産業廃棄物として処分します。

  • 環境に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台