技術サービス

多段階三軸圧縮試験による岩盤評価技術
  • 土木

多段階三軸圧縮試験による岩盤評価技術とは

最大封圧100MPa、地下3000m以上の深部を模擬することができる高性能圧縮試験機により、岩盤評価を行う技術です。

特 徴

  • デジタル制御により様々な高精度試験が可能です。
  • 多段階三軸圧縮試験、様々な応力状態での透水試験などから、地下深部等の模擬しにくい環境下での岩盤特性を把握することができます。

試 験

多段階三軸圧縮試験機では、コンピュータを用いて荷重制御を行うため、連続載荷で破壊させるのではなく、段階的に載荷を行う事で、ピークレベルの挙動を把握することが可能となり、より精度の高い特性を得ることができます。

地盤研究室 地盤研究室
多段軸三軸圧縮試験機 多段軸三軸圧縮試験機

実施例

  • 花崗岩の破壊過程における透水特性(1997)
  • 硬岩の剛性三軸圧縮試験(1998)
  • 温度履歴による花崗岩のマイクロクラックの変化(1999)
  • 温度履歴に伴う砂岩の間隙構造の変化(2001)
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台