技術サービス

三井住友のトータルエンジニアリング
  • 環境

total_engineering

  • 土壌・地下水汚染とは・・・?
  • 土壌汚染に関わる法律や条例の対応は?
  • 工場を新築、改築、解体、閉鎖したいが・・・
  • 土地の開発を考えているが・・・
  • 土地を売却したいが・・・
  • 環境配慮による企業イメージアップを考えているが・・
こんな時は「三井住友のトータルエンジニアリング」にお任せください!

「トータルエンジニアリング」とは、土壌・地下水汚染状況の調査、対策の望ましい方向性を踏まえ、調査、対策、リスクコミュニケーション、跡地利用などの総合プランを提示させて頂く技術です。
迅速かつ確実な調査を実施し、最適な工法により土壌・地下水を修復します。また、調査から対策工事、跡地利用・売却計画まで一貫して行うことにより、調査費用のコストダウンと、調査期間の短縮化が可能となります。

リスクコミュニケーション

リスクコミュニケーションとは事業者・自治体・住民などの利害関係者が、リスク等に関する情報を共有し、相互に意思疎通を図って土壌汚染対策を円滑に進めていく手段です。
その手法は具体的な状況に応じて変化するもので、多種多様です。
三井住友建設は培った多くの知識や経験を活かし、状況に合った方法でお客様をサポートします。

  • 環境に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台