技術サービス

トンネル覆工巻き厚管理システム
  • 土木

トンネル覆工巻き厚管理システムとは

山岳トンネルなどの坑内壁面の形状を3次元レーザースキャナを用いて計測し、巻き厚の過不足量や打設コンクリート量を短時間で算定することができるシステムです。

3次元レーザースキャナで計測した坑壁の形状 3次元レーザースキャナで計測した坑壁の形状

効果的な適用法

山岳トンネルなどで掘削を行う場合、発破掘削や地山の変状によって壁面に凹凸が発生してしまい、覆工巻き厚に過不足が発生してしまいます。このシステムは、日常管理はもちろん、地山変状の大きい箇所などで、巻き厚が不足している範囲の特定や、経時変化を捉える際に必要不可欠なシステムです。

断面図(トンネル施工管理要領準拠) 断面図(トンネル施工管理要領準拠)

システムの概要

  • 3次元レーザースキャナは、1断面の計測で、トンネル延長10m強(1セントル分)の形状を捉えることができます。計測は最小5cm間隔で計測が可能ですが、必要精度に応じて計測間隔を変更できます。計測誤差は5mm程度です。
  • 計測では、1断面に4個の基準ターゲットを設置し、トンネル延長のそれぞれの断面の画像合成と座標系の統一に使用します。
  • 計測時間は、延長100mで約3時間です。
  • 計測したデータは、専用ソフトで解析を行い、ノイズ処理、設計データとの合成、および打設コンクリート量の算定を自動で行います。
  • 解析処理したデータは、覆工巻き厚過不足の断面図、平面展開図あるいは数値表として可視化することが可能であり、また図表の印刷も可能です。
  • 短時間で広範囲の覆工巻き厚の判定、打設コンクリート量の算定を行うことで、品質の確保と経済的な施工を可能にします。
平面展開図(コンター図) 平面展開図(コンター図)
数値表 数値表

実施例

  • 東京支店    木曽番所トンネル
  • 四国支店    立川トンネル
  • 北海道支店   占冠トンネル
  • 大阪支店    鳩原トンネル
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台