技術サービス

ラップユニット式覆工コンクリート養生工法
  • 土木

ラップユニット式覆工コンクリート養生工法とは

トンネル覆工コンクリートの内面に沿って気泡緩衝シートを装着した軽量ユニットフレームをセットし、養生雰囲気の湿度と温度をコントロールすることで、効果的に覆工コンクリートの養生を行う工法です。

画像

特 徴

  • 低コスト
  • ラップユニット式覆工コンクリート養生工法は、従来技術と同等以上の養生雰囲気を、低コストで創り出すことができます。

  • 効率的
  • 本工法は、大がかりな装置を必要とせず、軽量ユニットフレームの組立も容易であり、効率的な施工が可能です。

  • 高品質
  • 本工法は、適度な放熱効果があることに加えて、長期養生に適する工法であることから、従来技術に比べてコンクリート表面の急冷を避けることが可能です。

養生ユニット組立て図 養生ユニット組立て図

実施例

【別所トンネル】

施工場所
兵庫県
内空断面
約78m²
完成年
2010年

【北川第三トンネル】

施工場所
宮崎県
内空断面
約64m²
完成年
2010年

【占冠トンネル】

施工場所
北海道
内空断面
約72m²
完成年
2010年
  • 土木に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台