shonetu

暑熱対策エンジニアリング

shonetsu-engineering-main

建物の内部を快適な状態に保つことは、人々の健康や安全、作業効率の向上にとって重要です。近年夏季の温度上昇に伴い、熱中症にかかる人が増え、その防止対策が関心を集めています。一方、使用電力の削減は、CO2の削減による地球温暖化防止と、東日本大震災に端を発する電力不足の問題から、避けては通れない重要な課題となっています。


暑さ対策と使用電力の削減というテーマは、環境建築の構築を目指す三井住友建設にとっても重要なテーマです。弊社では平成10年に屋根散水システムを開発し、以降、工場や倉庫などでご採用していただいております。屋根散水システムは、冷房を使用せず、水が蒸発するときに熱を奪うという仕組みに基づいた屋根の冷却方法です。弊社では散水する水を最小限にし、最大の冷却効果を得るシステムを開発してきました。屋根散水は万能な解決策ではありませんが、その志は、他の技術開発にもつながっています。


現在、ここでご紹介している技術に加え、暑熱対策技術として、屋根や窓に使用可能な商品が広く出回るようになってきました。しかし、対策商品の性能が良くても、使い方を誤ると効果は発揮されないことがあります。暑さ対策の基本は、暑さの原因を分析し、適切な対応策を行うことにあります。複雑な要素の絡む建物の診断は、専門的知識と経験が必要となります。三井住友建設では、お客様の悩みを経験豊富な専門家が受け止め、最適なアドバイスやご提案を行うことに努めております。用いる技術は様々ですが、お客様とともに解決していくことをモットーに、効果的な解決策をお届けできるよう歩み続けて参ります。是非、三井住友建設にご相談ください。

  • 暑熱対策エンジニアリングに関する
    ご相談はこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台