main

流山市ファシリティマネジメント施策の事業者提案/官民連携事業の実施

- 市の遊休地を有効活用して防災活動促進に貢献 -

本事業は、流山市が公募した「流山市ファシリティマネジメント(FM)施策の事業者提案/公民連携(PPP)事業」において、当社を中心とした民間企業グループが提案を行った「民間事業者による防災備蓄倉庫整備促進事業」が採用され、実施された事業です。

取組の経緯

2013年10月
流山市がFM-PPP事業を公募
2014年 3月
三井住友建設が事業スキームを考案し、応募
2015年12月
事業契約の締結
2016年 4月
収益創出事業を開始

事業の概略

本事業は、
① 流山市が所有する土地を活用した収益創出事業と、
② ①の収益を使った防災備蓄倉庫整備促進事業
を組み合わせた事業で、三井住友建設は事業全体のコーディネートを行いました。

事業スキーム

image

収益創出事業

1)流山市は市が所有する低利用・未利用の土地を収益事業のため、SMC商事に貸し付け、地代を得ます。
2)SMC商事は流山市所有の土地を借り受け、更にイナバクリエイトに転貸し、イナバクリエイトは収益創出事業(レンタルガレージ事業)を実施します。

防災備蓄倉庫整備促進事業

1)流山市は、①で得た地代を使って広域避難所に設置する防災備蓄倉庫および防災備蓄品を調達しました。
2)防災備蓄倉庫及び防災備蓄品はSMC商事が調達し、流山市に納入しました。
3)防災備蓄倉庫の設置はイナバクリエイトが担当しました。
これにより自治体が所有する遊休地などを活用した資金調達から防災備蓄倉庫設置までの一体的な事業スキームが実現しました。

photo01
収益創出事業(イナバボックス南流山店)

photo02
防災備蓄倉庫(西初石小学校)

本事業がもたらす効果

本事業により、流山市は公有資産を有効活用した資金創出を実現し、この資金を使って防災施策の促進を図ることができました。また、当該土地の活用はあくまでも暫定的なものであり、契約により途中解約が可能なスキームを作ることにより、公共側も外部環境の変化等に柔軟に対応することが可能となりました。

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台