img_cat_taishin

さまざまな条件で選ぶ耐震改修(耐震・制震・免震レトロ)

安全で快適に使い続ける建物であるために、さまざまな条件を考慮しながら、確実で経済的な耐震改修を実現します。

免震改修(免震レトロフィット)

免震装置を特定の層(階)に設置することで、地震による大きな揺れが建物の上階に伝わるのが防ぐ構法です。

既存の構造が負担する力を低減して、免震層以外の階はそのまま利用し続けることができることになる優れた改修構法です。

装置設置階によって分類される免震改修構法

免震改修構法は、免震装置を設置する階の違いで2つのタイプに分類されます。
「基礎免震構法」は、建物の基礎部分に免震ピットを構築する構法で、杭や基礎を除く建物全体を免震化します。「中間階免震構法」は、特定の中間の階を免震化する構法で、装置設置階より上部を免震化し、同時に下階にかかる負担を軽減することで耐震化をはかります。

基礎免震構法と中間免震構法の比較図

おすすめする免震改修構法(ハイレトロ)

三井住友建設の免震レトロフィット Hy-Retro構法 Hybrid Retrofit/ハイブリッド・レトロフィット

制震改修(制震レトロフィット)

制震装置と呼ばれる装置を各階に設置し、地震のエネルギーを吸収して建物の揺れを抑える耐震改修構法です。

制震装置の図解

耐震補強

既存の主要な構造体の強度を鉄骨やコンクリート、特殊な繊維シート等で補強する構法です。
各階の柱や梁 を太く補強したり、ブレースや補強壁をバランス良く設置し、建物全体の耐震性能を向上させます。

ブレース(すじかい)、柱補強の図解

お問い合わせ
耐震診断・耐震免震リニューアルに関する
ご相談はこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台