img_cat_taishin

おすすめする免震改修構法(ハイレトロ)

三井住友建設の免震レトロフィット Hy-Retro構法 Hybrid Retrofit/ハイブリッド・レトロフィット

三井住友建設が独自に開発した高性能中間階免震改修
「Hy-Retro(ハイレトロ)構法」

三井住友建設が開発した「Hy-Retro(ハイ・レトロ)構法」は、現在の新耐震基準施工(1981年)以前に建てられた既存ビルに対して、免震装置の設置階以外の部分をそのまま利用しながら、大地震に耐えるすぐれた免震構造ビルの性能を実現する耐震改修、いわゆる免震レトロフィット構法です。
免震装置とともに高性能な減衰装置をハイブリッドに採用することにより、地震の揺れを吸収する免震構造の優れた特性を生かしながら、通常の免震構法で必要な揺れ幅(免震クリアランス)を少なく抑え、上下階の構造補強工事をほとんど無くした短工期・ローコストな耐震改修構法です。

地盤から装置上部建物を絶縁して耐震化する装置 免震装置×減衰装置 地震エネルギーを吸収して建物の揺れを抑える装置

免震改修(免震レトロフィット)とHy-Retro(ハイレトロ)の比較

Hy-Retro構法 おすすめ3つのポイント

安全かつ短期工期、ローコスト

Hy-Retro構法は、高性能な減衰装置により一般的な免震レトロフィット構法に比べて地震時の揺れ幅(免震クリアランス)が抑えられ、補強工事を最小限に抑えることが可能になります。これにより、工事期間中でも安全にビルを利用しつづけながらかつ短工期・ローコストに施工が行えます。

利用したまま高性能免震化

Hy-Retro構法の採用により、免震装置設置階以外の部分をそのまま利用しながら免震化工事を行うことが可能になります。そのため、すでに入居しているテナントに対し、工事中から完成後まで安全性やセキュリティ等に配慮しながら「安心」して利用し続けられる環境を提供します。

事業収益性の向上に貢献

Hy-Retro構法を採用した耐震改修では、建物の耐震性能の向上はもちろんのこと、建物の資産価値を高めることが可能になります。地震保険負担を軽減したり、建物用途の変更を可能するなど、新たな収益性の高いビルとして生まれ変わることも期待できます。

お問い合わせ
耐震診断・耐震免震リニューアルに関する
ご相談はこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台