img_cat_TEKIZAI_phase3

TEKIZAIとは

適材適所という言葉は、
「人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・仕事につけること」
を表す四字熟語。現在は人の配置、の意味で使われることが多いですが、
実は、元々伝統的な日本家屋や寺社などの建築現場で木材を使い分ける事が語源
これを、宮本武蔵が人の登用にも活かすべきと「五輪書」の中で記したことで、
人材やマネジメントの意味合いがメジャーに使われるようになってきたようです。※
当社では、広い範囲で使われるこの「適材適所」という言葉を見直し、
江戸の頃から比べると、材料、工法、構法、など様々に拡大した、
現代の建築においての、「TEKIZAI」とは何だろうと、あらためて考えてみました。

※諸説あります

新しいチャレンジ ”TEKIZAI”

TEKIZAIとはヘッダ

当社の事業における強みは何か。
土木領域では、橋や道路、トンネルなどの大規模な土木の構造物。
建築領域では、マンションや商業施設などの中大規模建築を得意分野としています。
もちろん、鉄筋やコンクリート、木などの様々な素材、構工法も複合的に使っていますが、
あえて特徴的に表現すれば、鉄とコンクリートのエキスパートと自負しております。

建築の先達である江戸の宮大工は、粘りや硬さ、耐性など、木材の特性を熟知し、
この材料はここに使うといった判断を知恵と経験で積み上げてきました。
当社もこのような文化を継承しながら技術を磨く努力を続けています。

そして、今回、改めて適材適所の意味を見直し、
現代の最新技術や社会的ニーズも鑑み、建築、土木の全体の領域から、構法や材料選択において、更に幅を広げる必要があるという考えに至りました。

TEKIZAIとは、最適な素材で、より良い建物を作っていこうという、
当社の新しいチャレンジです。

なぜ、今「TEKIZAI」なのか?

例えば 「 TEKIZAI」を構法で考えてみます。
鉄筋コンクリート造、木造、鉄骨造、などはそれぞれ完成している構法。これまでの当社における構法の選択肢の中心には鉄やコンクリートがありました。近年、耐火・不燃といった、「火に強い木材」なども開発され、比較的大きな建築物においても、木造を選択できるようになりました。環境保護などの社会的なニーズや、木のぬくもりや香りが欲しいといった、ユーザー様のニーズにもこれまで以上に、よりそえる様になりました。

3種ブロック3
それぞれの構法には長所も短所もあります。それぞれの構法を単体で用いるだけではなく、
それぞれの長所を活かしながら柔軟に組み合わせることで、より良い建築空間を生み出すことができると考えております。

 

例えば

組み合わせ文字なし2_1

TEKIZAIとは-組み合わせタイトル1 TEKIZAIとは-組み合わせタイトル3 TEKIZAIとは-組み合わせタイトル2
 鉄筋コンクリートの上層部を木造に。  鉄骨造と木造を並べて一体化。  本体を鉄筋コンクリート造で、
 付属施設を木造で。

 

組み合わせ文字なし2_2a

TEKIZAIとは-組み合わせタイトル4 TEKIZAIとは-組み合わせタイトル5
1つの建物内に自由に
鉄筋コンクリート造と木造を配置。
 鉄筋コンクリート造の中に、
 木造を配置。

TEKIZAIというチャレンジはまだまだ始まったばかり。

まずは一つ一つの実績を積み重ねて、
その価値を、皆さまに共感していただける様に、生活者目線で挑戦し続けてまいります。


 

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台