SMCC World通信 -世界の現場から-

世界に広がる三井住友建設の現場。
海外赴任している日本人社員や現地採用のスタッフが、毎日共に汗をかき働いています。
そんな世界の現場から、日本とはちょっと違う日常をリポート!!

芋焼酎は高級品!!

インドネシアの鳥取です。

赤道直下のここジャカルタでは5月初めの気温がすでに30度を超えています。

私が勤務するMRT106工区プロジェクト(MRT:大量高速交通システム)は、首都ジャカルタのメインストリートであるスディルマン及びタムリン通りを貫く、インドネシア初の地下鉄工事です。現場は多くの大使館や五つ星ホテル、高級デパートに囲まれている都心の最も賑やかな繁華街で、東京で例えるなら銀座通りで地下鉄を造っているようなものです!!

現場の風景(右の建物が日本大使館)

現場の風景(右の建物が日本大使館)

 
ジャカルタ名物(?)の交通渋滞

ジャカルタ名物(?)の交通渋滞

 

インドネシアはイスラム教徒が人口の約80パーセントを占め、そのため、朝早くから大音量で鳴り響くコーランで目が覚めます。現場事務所内にもイスラム教徒用のお祈り部屋を設けています。

お祈り部屋を表す表示

 

女性は「ムクナ」というお祈り用のベールを羽織ります。

 

みなさんもご存じのようにイスラム教では飲酒が禁止されているので、インドネシアでは酒類は大変貴重で高額です。たとえば日本では1,700円で買える芋焼酎がこちらでは12,000円以上!!もします。日本からインドネシアに出張されるみなさん、是非お土産に紙パックの1リットル焼酎をお願いします!(1リットルまでは無税で持ち込み可能です)

From Jakarta, Indonesia

My name is Tottori, from Indonesia.

Temperature of here, Jakarta, right under the equator is already more than 30 degrees Celsius at the beginning of May.

The MRT 106 Project(MRT:Mass Rapid Transit) which I have worked is the first Indonesia’s subway project  passing underground of Sudirman and Thamrin Streets those are main streets of Capital Jakarta. Project site is surrounded by many embassies, five star hotels and the high class shopping malls. It locates at the most bustling downtown, and it is just like constructing subway at Ginza Street in Tokyo.

Muslim people occupy nearly 80% of population in Indonesia, and therefore we are forced to wake up by the Koran sounding at full blast in the early morning. In addition, the pray room for the Muslim staff is prepared in the project office.

As there is the severe legal restriction of the alcohol drinks because of religious reasons, as you know,alcohol beverages are very valuable and extremely expensive. For example, Imo Shochu (Japanese spirit distilled from sweet potatoes) is available. But it costs more than 12,000 yen here what you can buy for 1,700 yen in Japan. We sincerely would like to request everyone coming here to bring us 1.0 liter of paper pack Shochu as a souvenir, this is within tax-free amount.