SMCC World通信 -世界の現場から-

世界に広がる三井住友建設の現場。
海外赴任している日本人社員や現地採用のスタッフが、毎日共に汗をかき働いています。
そんな世界の現場から、日本とはちょっと違う日常をリポート!!

ところ変われば品変わる

フィリピンの小関です。今回はフィリピンの文化についてお伝えします。

フィリピンの方は陽気で社交的な方が本当に多いです。食堂やレストランではすぐに名前を覚えてもらえ、毎日話しかけられますし、よく歌いながら働いている人もいます。私はそんなフィリピンの雰囲気が大好きです!フィリピンには8大言語がありますが、実際は島ごとに様々な言語があります。タガログ語がメインの言語ですが、多くの人が英語を話せます。最近は英語だけではなく、タガログ語も勉強し、現地スタッフと更なる交流を図ろうと思っています。

次にフィリピン料理のバロットを紹介します。バロットはゆで卵ですが、日本のものとは明らかに違います。というのも、この卵は孵化前のアヒルの卵を茹でたものなのです。味はレバーに良く似ていますが、羽毛の舌触りが何とも言えません・・・。まるで髪の毛や眉毛を
食べている感じです!衝撃!!

world01

バロット、一見ただのゆで卵。

 
殻をむくとこんな感じです。

殻をむくとこんな感じです。

食べ方も独特です。まず殻に穴を空け、中のスープを飲みます。その後で殻を剥き、ビネガー(酢に、唐辛子や胡椒などを混ぜたもの)というフィリピンのスパイスを漬けて食べます。値段は1つあたり18ペソ(約42円)以下で、こちらではとても親しまれている食べものです。ただし、フィリピン人であってもその見た目から食べられない人が沢山います。先日、日本から出張できていた2名に食べるように薦めてみました。初めは見た目で衝撃を受けていましたが、二人とも見事完食しました!!

すんなり食べるHさん

すんなり食べるHさん

 
なかなか食べられないMさん

なかなか食べられないMさん

フィリピンに住み始めてから4ヶ月、日に日に異文化への興味が湧き、もっと理解したいと感じています。今回の赴任は、仕事だけではなく、人として成長できる非常に良い機会だと強く信じています。

So many countries, so many customs.

Hi I’m Ozeki, work in Philippines. I would like to introduce the culture of Philippines.

Generally speaking, almost all Filipino are sociable and lively. For example, I go to the coffee shop and the canteen everyday, and the staffs remembered my name and talk to me every time.Some of them are singing a song while working. I love the atmosphere of Philippines.

 There are eight main languages in Philippines. The main language is Tagalog, but most of them can speak English. Recently, I’m studying Tagalog and I want to have a chat with them in Tagalog.

In addition, I want to tell you about Philippines’s food balut. balut is a boiled egg, but it is different from Japanese one obviously. The reason is because this egg is made of duck before hatching. Speaking of the taste, it tastes like a liver, so it’s not bad. The most difficult part was feathers of ducks. It was terrible and I imagined eating hair or eyebrow.

I would like to tell you how to eat balut. First, boring a hole, then drink the soup of the egg. Next, peeling a eggshell then eat it. Usually, I dip balut into vinegar which is the traditional souse of Philippines. One balut costs about 18 pesos (42yen), and it is a very popular food in this country. However, some of them don’t like and can’t eat it owing to the looks of them.

Some days ago, two workmates came to Manila from Tokyo. I recommended them to try to eat balut. They were shocked when they saw it at the first time, but they could eat completely.

In these four months, I have been getting to be more interested in another culture day by day. I really want to understand their culture. I strongly believe that this personnel change is the great opportunity for me to be well‐rounded person.