people 社員一覧へ

早い段階から様々な仕事を担当でき、失敗も含め貴重な体験ができる。

マンションの建設現場に常駐し、
さまざまな工程での業務を担当。

私は今、設備担当としてマンションの建設現場に常駐しています。定期的に施主様や設計・サブコン担当者、現場関係者との打ち合わせを行い、施工図のチェックや現場の進捗確認などを行っています。その他にも、朝礼の司会や新規入場者教育など幅広い仕事を担当しています。最近では、マンション竣工前の完成検査に立ち会ったり、修正指示のあった箇所がきちんと直っているかをチェックしています。

ローテーション制度により、
設計から施工までを経験できる。

当社の設備職には、入社後数年で設計と施工のどちらも経験できるというローテーション制度があります。たとえば、最初の配属が設計であっても、その後施工の仕事をすることになります。ひとつの職種に固定されるのではなく、設計と施工の両方の職種を担当できるのは、視野を広げる意味でも総合的に設備の力を養う意味でも貴重な経験です。また、比較的早い段階から様々な仕事を担当できるため、知識やノウハウが身につくだけでなく、失敗を含め経験が積める点も一つの魅力だと思います。

上司や先輩との距離が近く、
適切なアドバイス・助言をもらえる。

知識や経験が不足している中で、ゼロから自分の頭で考えて行動していては遠回りになってしまうのではないかと不安に感じるかもしれません。その点、当社では上司や先輩との距離が近いため、わからないこと、不安なことは一人で抱え込むことなく、すぐに共有し、相談することができます。その都度、親身になって適切なアドバイスをもらえるため、相談する度に「この会社に入って良かった」と実感します。