people 社員一覧へ

計画から竣工までのレールの上を常に先導するのが営業の役割。

スケールの大きな仕事に携わる中で
自分の可能性を試したい。

この業界を選んだきっかけは、父親と兄、そして親戚が建設業界に携わっていることでした。幼い頃から建設業界が身近にあったので、興味が湧くのは自然なことだったのかもしれません。やはり、自分自身も「スケールの大きな仕事に携わりたい!」と思い、建設業界を志望しました。その中で当社を選んだ理由は、日本を代表する三井グループ、住友グループという2つの看板を背負った建設会社であるだけでなく、入社当時は会社が合併して4年という、まさにこれからという会社だったからです。ここなら、いろいろと自分の可能性を試すことができる、そう思ったことが入社の決め手になりました。

グループ会社への建築営業に加え、
一般民間のお客様へもアプローチ。

三井グループのお客様や一般のお客様を相手に建築の営業をしています。設計・施工のようなゼロから仕事をつくり出す場合は、まずお客様のニーズに耳を傾け、綿密な計画を立てたうえで、打ち合わせを重ねて設計を完成させます。その段階で見積を行い、お客様の予算内に収まっていなければ再度提案し契約、そして着工、竣工となります。新築だけでなく既存の建物の増築や改修などを行う場合もあります。その他、土地を探しているお客様のために、これまでに築いたネットワークを活かして紹介したり、自らの足で探し回ることも大切な仕事のひとつです。

お客様を訪問する時間を少しでも多く。
日常のコミュニケーションが非常に大切。

仕事をするうえで一番心がけているのは、お客様のご要望を第一に考え、スピーディにお応えすること。とはいえ、常に複数の案件が並行しているため、優先順位をつけながら進める必要があります。そこでカギとなるのが、お客様との関係性。普段から密なコミュニケーションがとれていれば、検討に多少のお時間をいただいてもご理解いただけるからです。だからこそ、普段からまめにお客様を訪問するようにしています。営業の役割は、お客様をはじめ、設計や現場の人たちを、計画から竣工まで先導していくこと。大変ではありますが、達成した時の充実感はひとしおです。