技術サービス

エコベンチレーション
  • 建築

エコベンチレーションとは

加湿冷却を適用した給気と排熱や風力を利用した排気を合わせて、建物内の換気を促進するシステムです。冷房や換気用の電力を使わずに、室内を冷却することができます。

仕組み

給気部分に加湿冷却機能を設けます。給気筒などで、噴霧との熱交換距離を長くとることで、十分な温度の低下と逆煙突効果による冷気の進入効果が得られます。

排気部分を温度差や風力を利用した排気筒で行います。更に工場内の廃熱を排気筒に取り入れ、温度を上げることで、煙突効果を強化し、室内の換気を促進します。

エコベンチレーションの仕組み

効果

電力をほとんど使用せずに、給気温度を最大10℃~3℃低下させることができ、冷房用電力を削減することができます。また、換気ファンを停止することでファン用電力を削減できます。

給気の加湿冷却

比較

室内での水噴霧システムと比較して、建物外で噴霧を行うために、建物内での濡れの影響を小さくすることができます。

排気筒の設置

実施例

室内に炉を有し、室温が高温になる工場にエコベンチレーションを適用しました。

外気温度
35.9℃
給気筒温度
28.9℃
給気筒風量
32,000 m3/h
排気温度
67.7℃
排気筒風量
7,000 m3/h
室温低下
40℃→2.5℃ (外気温度35℃)
  • 建築に関するメールでの
    お問い合わせはこちら

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台