環境への取り組み

三井住友建設は、「地球環境への貢献」を経営理念として掲げ、人と地球に優しい建設企業の在り方を常に求め、生活環境と自然の調和を大切に考えています。また、地球規模での環境への貢献が求められていることを認識し、環境の保全、維持、改善に積極的に取り組みんでいます。

環境ビジョン

環境ビジョン “Green Challenge 2020”

2011年に(1)地球温暖化の防止、(2)循環型社会の形成、(3)生物多様性への配慮、を3つの軸とした「環境ビジョン “Green Challenge 2020”」を定め、環境に関する中長期的な展望を明確にして環境に対する取り組みを強化しています。

環境マネジメントシステム (EMS)

環境ビジョン “Green Challenge 2020”

自ら定めた環境方針のもと、当社の事業活動における環境への負荷を継続的に低減し、適切な環境保全活動を推進するため、JIS Q 14001:2004(ISO 14001:2004)に適合した環境マネジメントシステムを構築し、運用・維持しています。また、上記環境ビジョンの達成に向け、各部門で環境目標、行動計画を定め、環境活動に着実に取り組んでいます。

環境保全関連データ

2015年度

各部門の環境活動

環境保全に関連するデータをご紹介します。

 

環境保全・環境意識向上に向けた取り組み

d_01

作業所 事務所 緑のカーテン

自然環境の保全や、地域社会との環境コミュニケーション推進のため、環境ボランティア活動、地域住民への環境教育などに積極的に取り組んでいます。

また、全社的なエコイベントの展開や、環境に関する優れた活動を評価する表彰制度を設けるなど、社員の環境意識向上を図り、環境活動を継続して実施して行きます。

当社の環境保全・環境意識向上に向けた取り組みの事例を紹介します。

2016年度活動状況

2016/10/21 一水会 環境管理研究会の開催
─大阪支店 安威川橋作業所で現場見学会を実施─
2015/09/30 2016年度 緑のカーテン社内フォトコンテスト表彰結果
2016/08/01 2016年度 環境部門社長賞表彰
2016/07/07 「ライトダウンキャンペーン」への参加
2016/05/12 地域自治会と連携した生物多様性保全活動 「佃のカエル帰る活動」

2015年度活動状況

2014年度活動状況

2013年度活動状況

2012年度活動状況

2011年度活動状況

 

環境配慮設計

d_02

三井アウトレットパーク 滋賀竜王

建物周辺の自然環境への配慮と調和、省エネ技術の採用・再生エネルギーの活用等による建物運用段階でのCO2発生の削減を目指し、環境に配慮した建物の設計を実施しています。

当社の環境配慮設計の事例を紹介します。

集合住宅

2018年(竣工予定) ザ・パークハウス 桜坂サンリヤン
─ 九州のマンションで初めて「いきもの共生事業所認証(ABINC)」を取得 ─
2014年 パークホームズLaLa新三郷
─ 先進のテクノロジーで、安心の住まいを ─
2012年 パークホームズ大倉山
─ 緑豊かな街との調和と低炭素な暮らしの実現 ─

商業施設

2013年 ららぽーとTOKYO-BAY西館
─ 心安らぐ環境共生型のショッピング空間 ─
2012年 三井アウトレットパーク木更津
─ 環境に配慮した東日本最大級のアウトレットモール ―
2010年 三井アウトレットパーク滋賀竜王
─ 水と緑に囲まれた環境共生型アウトレットモール ─

事務所

2010年 リバーシティM-SQUARE
─ CASBEE評価Sランクの環境性能の高い事務所ビル ─

物流施設

2013年 丸全昭和運輸株式会社 関西支店 堺倉庫営業所
─ 環境配慮とともに震災発生時のBCPにも対応した倉庫 -

学校

2013年 京都精華大学 新学部棟
─ 京都市の環境配慮建築物顕彰制度で「京(みやこ)環境配慮建築物」奨励賞を受賞 ─

 

環境配慮型施工・環境技術 関連情報

周辺の環境に配慮した施工、環境負荷を低減する施工方法の採用、環境技術の開発の促進などにより、持続可能な社会の構築を目指します。

環境課題のテーマ別に、当社の環境配慮型施工・環境技術の事例を紹介いたします。

地球温暖化防止

2016/06/23 超低収縮・低環境負荷型・設計基準強度200N/mm2コンクリートを実物件に適用
─ プレキャストコンクリート柱を超高層タワーマンション2棟に適用 ─
2016/04/04 超低収縮・低環境負荷型・設計基準強度220N/mm2コンクリートを開発
─ 自己収縮ひずみを従来の20%~30%に低減 ─
2015/05/18 水上太陽光フロートシステムを開発 ─ 水上未利用地の有効活用に向けて─

循環型社会の形成

2016/10/27 豊洲駐輪場作業所 ─ 建設汚泥の発生量の削減、木製型枠の使用量の削減 ─
【2015年度3R推進功労賞等表彰で、3R推進協議会会長賞を受賞】
2013/12/17 湖面1号橋上部工分割1号工事
─ 日建連より公害防止・建設副産物管理優良事業所として表彰される ─
     【2014年度 社長賞(環境部門)表彰受賞】
2012/01/24 ヤマザキパン中央研究所兼研修センター(仮称)計画工事
─ “気泡ソイルセメント柱列壁工法”を建築工事に本格適用、環境負荷を大幅に低減できる土留め壁工法 ─

生物多様性への配慮

2016/02/17 生物多様性簡易評価ツール「いきものプラスⓇ」をバージョンアップ
─ 対象地域を大都市圏に拡大 ─
2015/02 集合住宅初、「第2回いきもの共生事業所Ⓡ」に認証
2014/02/26 生物多様性簡易評価ツール「いきものプラス」を同業8社で共同開発
─ 建築物の設計に関する生物多様性への取り組みを支援 ─

構造物の長寿命化

2015/07/29   現地における非鉄製実証橋の施工について
―超高耐久橋梁の開発に向けた挙動確認―
2015/07/09   丹下健三作品 山梨文化会館を免震レトロフィット
― メタボリズムの象徴建築・山梨文化会館を免震改修 ―
2014/02/26 アラミドFRPロッドによるRC橋脚の耐震補強工法を開発>
─ 公開試験により補強効果を確認 ─

放射能除染

2013/03/12 放射能汚染草木類の安定・減容化システムを開発、実証試験を実施
─ 除染除去物(草木類)の安定・減容化技術を確立 ─
2012/08/21 放射線量平面分布計測システムを開発し除染現場に適用
─ GPSを用いた情報化施工技術を除染工事に活用推進 ─
2012/01/11 独自の放射能汚染土除染システムの効果を実証
─ 洗浄と研磨により放射性セシウムを除去 ─

施工事例

タイ ノンタブリ橋1

橋梁・PC構造物

ノンタブリ橋
タイ王国初のエクストラドーズド橋 橋 長:460m、最大支間:200m PC工学会賞(2015)
3431201101

橋梁・PC構造物

桶川第2高架橋
世界初のバタフライウェブを用いたプレキャストセグメント橋  橋 長:3,089m、最大支間53.0m PC工学会賞(2015)
W800Q100_3930800301

橋梁・PC構造物

郡界川橋
国内最大規模の連続ラーメン橋 橋長740m、最大支間124m PC工学会賞(2015)
e000014 (2)

エネルギー関連

三田川太陽光発電所
発電出力:1,000kW 太陽電池:多結晶シリコン型250W×4,396枚=1,099kW パワーコンディショナー:500kW×2台