三井住友建設の物流施設"e-Logisty(イーロジスティ)"を開発、提案を開始-市場価格の動向にフレキシブルに対応する最適構工法提案を実現-

三井住友建設株式会社(東京都中央区佃2-1-6 社長 則久 芳行)は、物流施設の市場価格の動向に柔軟に対応し、短工期・機能性・経済性等あらゆるニーズに対応した環境にやさしい三井住友建設の物流施設"e-Logisty"を提案・提供してまいります。 弊社では、従来より物流施設の建設における高付加価値・工期短縮・経済性などの多様化した事業主のニーズに応えるべく、架構形式や施工方法の研究開発に取り組んで参りました。このたび、当社開発の「ミック構法※1」を基盤技術とし、「良いものを、早く、安く」を主眼に、事業主のニーズにフレキシブルに対応できる構工法"e-Logisty"を確立、積極的に営業展開を行います。

■背景

近年、建設材料費の市場価格が大きく変動しており、鉄骨材高騰の影響の少ない構工法が注目されています。従来の大スパン構造の主流である鉄骨造に代わる構法として柱をRC造、梁をS造・梁をRC造(プレストレス導入)とするハイブリッド構造等が考えられます。物流施設・ショッピングセンターなど大規模な建物の需要において、当社の開発したミック構法は、幅広い用途に適用でき、短工期でコストメリットのある構法として「ミックPCa構法」を開発し、多くの実績を重ねてきました。しかし近年の物流施設等は、「工期短縮、機能性向上、ローコスト」等、事業主のニーズが多くなっている事から、本構法の汎用性拡大を主眼に、ミック構法のさらなる改善・改良を追求してまいりました。

※1 ミック構法(Mitsui Sumitomo Integrated Composite System)
:柱が鉄筋コンクリート造(RC造)、梁が鉄骨造(S造)のハイブリッド(混合)構造

■三井住友建設の物流施設"e-Logisty"とは

ミック構法を基幹に、既往の構工法技術を改善・改良、「より良いものを・より早く・より安く」をモットーに、事業主のニーズに応えるべく、「低コスト」・「短工期」・「機能性・保管効率向上」・「事業リスク低減」に対応したタイムリーな提案を実現します。その代表として、すでに発表した「ミックPCa構法(2009年7月)」・「スタックブレース(2008年6月)」を始め、さらに「ローコスト物流工法」・「ロングスパン物流工法」の開発が完了し、提案を開始しました。また、これらの技術は在来工法に比べて建設時のCO2排出量を削減することができ、地球環境に優しい物流施設として事業に貢献することができます(図-1)。

外観イメージパース
図-1 三井住友建設の物流施設

■ニーズに応える「ミック構造」の改善・改良提案バリエーション

1. 【低コスト】に応える床工法改善による「ローコスト物流工法」

物流倉庫のコストは、その半分(建設総コストの約50%:図-2)を構造躯体が占めています。その構造躯体コストを低減させることが、最も効率的・効果的なコストダウンになります。物流施設の構造躯体コストとは、「杭・基礎・柱・梁・床・外装(ALC等)」から構成されますが、構造体コスト低減の一例として「小梁」と「床」をセットで考え、「床ハイブリッド工法」としての構工法改善・改良によりコストダウンをはかり、「ローコスト物流工法」を提案しています。「ミック構法」の場合、小梁は通常H型鋼ですが、改善した床工法では、特殊架構を施し小梁としての重量を約60%低減させ、市販の床材と組合せた架構型式で構成することにより、構造躯体コストを約1割低減しています。

 

<お問い合わせ先>

三井住友建設広報室【お問い合わせフォーム】

リリースに記載している情報は発表時のものです。

一覧ページへ