環境への取り組み

三井住友建設は、「地球環境への貢献」を経営理念として掲げ、人と地球に優しい建設企業の在り方を常に求め、生活環境と自然の調和を大切に考えています。また、地球規模での環境への貢献が求められていることを認識し、環境の保全、維持、改善に積極的に取り組んでいます。

環境方針 “Green Challenge 2030”

三井住友建設は、2011年から環境ビジョン "Green Challenge 2020"を掲げ、環境経営活動を継続して来ました。環境ビジョンのターゲット年としていた2020年が近づいており、 これまでの環境経営活動の振り返りと環境ビジョン策定(2011年)以降の新しい社会動向・社会課題も踏まえた見直しが必要と考え、環境ビジョンを発展的に改定し、新たに『環境方針 Green Challenge 2030』を制定しました。2030年の理想の姿を見据え、「持続可能な社会の実現」に貢献していきます。

『人をつなぐ 未来につなぐ』 

三井住友建設は、「ひと」と「まち」をささえてつなぐ総合建設会社として「生活の質の向上」と「環境負荷低減」を両立し、持続可能な社会の実現に貢献します。


1. 脱炭素社会への貢献 sdg_icon_07_ja.pngsdg_icon_11_ja.pngsdg_icon_13_ja.png 4. 環境リスクの管理 sdg_icon_06_ja.pngsdg_icon_14_ja.pngsdg_icon_15_ja.png
2. 循環型社会への貢献 sdg_icon_09_ja.pngsdg_icon_11_ja.pngsdg_icon_12_ja.png 5. 環境コミュニケーション・ESDの推進 sdg_icon_04_ja.pngsdg_icon_12_ja.pngsdg_icon_13_ja.png
3. 自然共生社会への貢献 sdg_icon_06_ja.pngsdg_icon_14_ja.pngsdg_icon_15_ja.png ※ESD:Education for Sustainable Development
(持続可能な開発のための教育)

詳細はこちら

◆"Green Challenge 2030"のKPI

  • 施工段階におけるCO₂排出削減「原単位を1990年比で50%削減」
  • 建設廃棄物のリサイクル率「100%」 (石綿含有廃棄物、特別管理廃棄物は除く)
  • 生物多様性に及ぼす影響の「回避、最小化」
  • 環境事故・事件「0件」
  • 再生可能エネルギー事業の推進「発電能力:650MW以上」

詳細はこちら

当社の環境経営に対する考え方

environment2019_01_01.png environment2019_01_02.png environment2019_01_03.png

 

当社は、経営理念の中で、『地球環境への貢献』を掲げております。さらに2030年時点の理想的な姿として『環境方針 Green Challenge 2030』を策定し、『2030年の将来像』の中で表しています。「中期経営計画2019-2021」は、「経営理念」と「環境方針 Green Challenge 2030」の考えを反映し、2019年からの3年間のより具体的な環境目標・計画を設定して環境経営の実現に向けた活動に取り組んでいます。

環境方針の推進体制

継続的な改善

会社組織図はこちら

当社では、社長自ら委員等を務めるサステナビリティ推進委員会を設置し、環境を主とする様々なサステナビリティに関する重要課題の審議・検討を行います。特に重要な事項の決定については、経営会議において決裁を行います。 全社員参加型の活動を展開するため、サステナビリティ推進部を設置し推進活動を行っています。

活動状況

一覧はこちら
一覧はこちら

環境経営活動データ

各種環境経営活動データ (CO2排出量、建設廃棄物の排出量、リサイクル率グリーン購入実績等)

環境技術

持続可能な社会を目指した、当社の環境技術を紹介します。