ゼロカーボンバイオ産業創出の基盤となるデモプラントの完成

当社は、京都大学大学院工学研究科の沼田圭司教授(理化学研究所環境資源科学研究センターバイオ高分子研究チーム・チームリーダー)らによる研究開発プロジェクトに共同参画し、京大桂キャンパス内に海洋性光合成細菌培養デモンストレーションプラント(デモプラント)を完成させ稼働を開始しました。

20220325_01.png【完成し稼働を開始したデモプラント】

本デモプラントでは、二酸化炭素と窒素の固定を行う海洋性光合成細菌の大量培養が可能となります。光合成細菌を用いたバイオプラスチック、タンパク質等のバイオ高分子の生産や、その過程で生じる光合成代謝産物を利用した農業用窒素肥料、水産養殖用飼料の開発も進めてきましたが、本デモプラントを有効活用し、光合成細菌による二酸化炭素・窒素固定技術をスケールアップしていくことで、ゼロカーボン製品の開発を加速する狙いです。また、これらの研究開発を通じ、地球規模での環境問題解決への取り組みを進めると同時に、地域の産業活動に根ざしたゼロカーボンバイオ産業創出の基盤形成となることが期待されます。

詳細は JST共創の場形成支援プログラム ゼロカーボンバイオ産業創出による資源循環共創拠点のリリースをご覧ください。

<お問い合わせ先>

本件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

三井住友建設株式会社
〒104-0051 東京都中央区佃二丁目1番6号
広報室 平田 豊彦
TEL:03-4582-3015 FAX:03-4582-3204

お問い合わせフォーム

一覧ページへ