リアルタイム鉄筋出来形自動検測システム「ラクカメラ®」の販売開始

― デプスカメラの活用で鉄筋出来形検測時間が1/3に短縮 ―

当社と株式会社日立ソリューションズで共同開発したリアルタイム鉄筋出来形自動検測システム「ラクカメラ®」が、12月2日より販売を開始(※1,2) しました。

本システムは、汎用的なデプスカメラ(※3) を接続したタブレットで鉄筋を撮影するだけで、計測対象の鉄筋本数と鉄筋間隔を計測することが可能です。計測結果がクラウドの帳票生成サービス(※4) に送信されると、クラウド上で帳票が自動生成され、従来の計測方法に対して施工管理者が検測作業に拘束される時間が3分の1に縮小できます。

(※1) 汎用カメラとタブレットを活用した鉄筋出来形の自動検測システムを販売開始(株式会社日立ソリューションズ 2021年12月01日リリース)

(※2) 株式会社日立ソリューションズより「GeoMation 鉄筋出来形自動検測システム」として販売

(※3) 奥行きの情報を取得する深度センサーがついたカメラ

(※4) 日本コンピュータシステム株式会社のサービスと連携

20211202-2_01.png
【様々な工種の現場で導入して効果を上げている「ラクカメラ™」】

《参考リリース》

リアルタイム鉄筋出来形自動検測システムを実現場で導入開始(2020年11月02日リリース)

リアルタイム鉄筋出来形自動検測システムを開発(2019年12月23日リリース)

<お問い合わせ先>

本件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

三井住友建設株式会社
〒104-0051 東京都中央区佃二丁目1番6号
広報室 平田 豊彦
TEL: 03-4582-3015 FAX: 03-4582-3204

お問い合わせフォーム

一覧ページへ