• 土木

アラミドシート巻き立て工法とは

アラミドシートを,既設RC橋脚の表面に含浸接着樹脂を用いて貼り付けることにより,橋脚の曲げ耐力,せん断耐力,じん性の向上を図る耐震補強工法です アラミドシート

特徴

  • 経済的

補強による重量増加がわずかであり,基礎補強費の軽減が図れます.また,補強量を目的や必要量に応じて調節することができるため,従来の補強工法よりも経済的です.

  • 優れた施工性

軽量で現地への搬入や加工が容易なため,特殊足場や大型重機が不要で仮設備が縮小できるとともに,狭隘な環境でも確実に施工できます.また,柔軟で変形性に富むため,既設橋脚の出来形のばらつきに補強工事が左右されません.さらに,短時間で施工することができます.

  • 部材寸法が変わらない

補強による部材寸法の増加がなく,RC巻立て工法のように建築限界や河積阻害率を侵しません.

  • 耐久性が高く,非磁性,非電導

アラミドシートは,耐久性に優れ,非磁性,非電導体であるため,施工環境を選びません.

施工

  • STEP 1

既設橋脚表面の下地処理

  • STEP 2

プライマーを塗布し,含浸接着樹脂を用いてアラミド繊維シートを一層ずつ必要層数貼り付けます.

  • STEP 3

表面保護のため,塗装あるいはモルタルで仕上げ処理を行います.

画像

適用

  • 曲げ補強

アラミドシートを,橋脚の部材軸方向に貼り付け ることにより主鉄筋段落し部の曲げ耐力を向上さ せることができます.また,フーチングに定着したア ンカー筋とアラミドシートを連続させることにより, 橋脚基部の曲げ耐力を向上させることができます

  • せん断補強

アラミドシートを,橋脚の部材軸直角方向に貼り 付けることにより,せん断耐力を向上させることがで きます.

  • じん性向上

アラミドシートを,橋脚基部の部材軸直角方向 に貼り付けることにより,コンクリートの拘束効果を 高め,変形性能を向上させることができます.

実施例

西船橋橋脚(ラーメン橋)
西船橋橋脚(ラーメン橋)
栗原跨線橋(橋脚基部の曲げ補強)
栗原跨線橋(橋脚基部の曲げ補強)
佐久間川橋(壁式橋脚への適用)
佐久間川橋(壁式橋脚への適用)
男鹿大橋(フーチング補強も実施)
男鹿大橋(フーチング補強も実施)

技術テーマ