• 土木

プレファブ鉄筋工法とは

ループ継手を、ブロック施工する場所打ちPC橋に適用することにより、1ブロックの鉄筋を完全にプレファブ化することを可能にしました。これにより、施工効率の向上、工程の短縮、経済性の向上が図れます。実施にあたっては、ループ継手の特性を明らかにしています。


プレファブ鉄筋

特徴

  • 従来工法に比べ、現場作業の省力化・工程短縮が可能です。
  • 鉄筋篭は軽量であるために、設備投資はプレキャストセグメント工法の数十分の一程度と、極めてわずかで済みます。
  • わずかな投資で大きな効果を挙げることができるため、中小規模橋梁でも十分適用が可能です。

設計

プレハブ鉄筋工法では、主鉄筋に全数ループ継手を採用することで継手長を40cmと短くしています。ループ継手の特性に関しては、試験により確認されています。

施工

  • STEP1

地上に設けた簡易な鉄筋架台の上で、鉄筋・小口型枠・PCによる鉄筋篭を組み立てます。

  • STEP2

出来上がった鉄筋篭を吊り上げてトレーラーに載せ、地上を運搬し、桁先端の移動作業車内に吊り込みます。

  • STEP3

側枠(内枠)を設置して、コンクリートを打ち込みます。

実施例


保津橋
我が国初の場所打ち張出し施工におけるプレファブ鉄筋の採用
【保津橋】(土木学会の田中賞)
架橋位置:京都府
構造形式:6径間連続PCエクストラドーズド橋
最大支間:100.0m
完 成 年:2001年

須津渓谷橋
我が国初のアーチ橋におけるプレファブ鉄筋工法の採用
【須津渓谷橋】
架橋位置:静岡県
構造形式:上路式RC固定アーチ橋
最大支間:105.0m
完 成 年:2003年

使用用途