山留め設計・施工トータルシステムとは

  • 土木

山留め設計・施工トータルシステムとは

山留めの設計及び情報化施工における逆解析・予測解析を自動化することにより、迅速かつ高度な設計・施工管理を可能としたシステムです。

特徴

  • 山留め解析作業の大幅な省力化が可能です。
  • 情報化施行の迅速化を図ることにより、安全で経済的な施工を追求できます。
  • 設計経験の少ない技術者でも容易に山留めの管理を行うことができます。
  • NETIS登録番号: KT-980331-A

システムの構成

  • 山留め設計自動化システム

設計条件と制御値(許容変位、許容応力度等)を入力すると、その制御値を満足する最適な山留め仕様を自動選定します。

  • 山留め情報化施工システム

計測データを入力することでリアルタイムに設計値との比較を行い、さらに設計値と差異が生じた場合は逆解析と次段階以降の予測解析まで行います。


システムフロー

実施例


OE22工区(2)トンネル工事

道路開削トンネル工事に適用

【OE22工区(2)トンネル工事】
発注者:首都高速道路公団


埼玉、大門路盤他建設工事

鉄道開削トンネル工事に適用

【埼玉、大門路盤他建設工事】
発注者:日本鉄道建設公団

使用用途

技術テーマ